鋸岳(三角点ピーク)             
2004年9月17日〜18日

9/18(土)晴のち曇り(コースタイム)

ゲ−ト前4:20〜6:30サボ−ダム最終地点6:40〜6:50避難小屋〜7:30富士川水源〜8:13稜線手前8:20〜

9:25休憩(2355m)9:40〜10:20三角点ピ−ク(2607m)〜10:50角兵衛の頭手前〜11:00三角点手前

(2580m)11:20〜12:30横岳峠13:15〜14:10避難小屋14:30〜16:30ゲ−ト前
(所要時間12:10)

9/17(金)晴れ

早めに、横浜を出発して、中央高速小淵沢ICで降り、国道20号に出て、諏訪方面に向かう。釜無川手前を左折して、釜無川上流を目指す。道幅は広い。上流に、釜無鉱山があるためか、ダンプの往来もあり、釜無川上流で、頻繁にサボ−ダムや、側壁の工事が行われているので、意外と車の往来が激しい。

18:00過ぎ、一般車通行止めのゲ−トに到着。見ると、頻繁に、工事関係者の車が、山から降りてくる。その度に、鍵を開閉が行われていた。工事関係者に聞くと、富士川の国土交通省の役人が結構厳しくて、ゲ−トより中は、ヘルメット着用で、鍵の管理も、非常に厳しいみたいである。

一般車も、ゲ−ト付近は、駐車禁止である。しかし、工事関係者が、下山したので、私は、この場所で、明日の早朝まで待機する。
久しぶりで、車の中で、一晩過す。窓を開けると、満天の星空で、時々、流れ☆が、行き交う。釜無川の清流の川音と、秋の虫音が、気持ちよい。24:00近く、二台の車がやって来て、ゲ−トが閉鎖されているのを確認すると、帰って行った。多分、登山者で、戸台の方へ回るのであろうか、、、、、。

9/18(土)晴れのち曇り

3:40起床、あまり眠れず、お湯を沸かし、カップラ−メンと、バナナを、胃袋に放り込み、登山の支度をしていると、下から一台の車が来た。その人も。これから、日帰りで、鋸岳登るみたいである。簡単な挨拶をして、私は一足早く、出発する。ヘッドランプと、懐中電灯を持って、閉鎖されたゲ−トの脇から歩き始める。空には、満点の星空で、月が無いので、ヘッドランプと、懐中電灯で丁度良い。広い立派な工事用林道で、大型トラックが交差出来る立派な林道である。

この林道を2:30も歩かなければならないので、この時間に出発しなければ、夕方には帰ってこれないのである。所々に、サボ−ダムや、側壁の工事現場があり、相当大掛かりな工事みたいである。5:00過ぎ漸く空が明るくなり、振り返ると、山と山の間から、八ヶ岳の赤岳と、阿弥陀岳のシュリエットが見える。以外と近いのに驚く。

二時間十分、休み無く歩いてやっと、サボーダムの終点に着く。今工事中で、両側は、普通のコンクリートであるが、中央部は、茶色い1m程度のパイプで組み込んである、変わったサボーダムみたいである。この水系で、この様な大規模な、治水工事が、必要なのか疑問に思う。

私より、後に出発した人が、やって来るのかと、しばらく待っていたが、来そうもない。この広い、林道を二時間以上も歩くのは、骨が折れる。この道を、帰りも歩くことを考えると嫌になる。ここより、急に勾配が増し、10分程度歩いたところに、立派な新しい避難小屋が建ててあり、カギがかけてあった。避難小屋は、ログハウス風で、床下は高く、そこで 雨、風は凌げそうであるが、カギが掛かっていて、何のための避難小屋か疑問に思う。

避難小屋より、本谷の沢に降り、沢沿いに登っていく。何度か沢を右、左と渡り、登って行くが、この前の台風のためか、やたら木の枝が倒れていて歩きづらい。一応赤布が、要所要所に枝にぶら下がっているので心配ない。目印に従って行くと、富士川の水源の標識があり、その先に、沢の岩間に小さな樋が差し込んであり、そこからチロチロと清水が流れていた。これが富士川の源水かと思うと、何か感動する。同じ沢の水であるが、何か特別な味がした。

まだまだ先があるので、先を急ごうと思って、沢を横切り、登っていったが、急に赤布が見あたらない。しかし、踏跡らしきものがある。しかし、あまり踏まれていないので、元に戻り、赤布を確認するが、見あたらない。地図を出して確認すると、この本谷沿いに詰めていき、右よりに登っていくと、横岳峠みたいである。

仕方なく、富士川の水源の沢を詰めていった。始めは大きな岩で、歩きよかったが、その内、岩が小さくなってきて、登りずらいガラ場になり、見上げると、ますます、傾斜がきつくなってきたので、カラ場の右上を目指し、樹林帯に入ろうとしたが、なかなか足元が脆く苦労する。やっと、樹林帯に入るが、踏み跡らしきものは無く、獣道みたいなものが、わずかに確認出来た。

稜線に続いていることが確認できたので、少しは安心したが、叉、道を下山するとなると、危険である。今回、ザックに8mmのロープとハーネスを、入れてきたので、その点は心配ない。ザックが木々の枝に引っ掛かり、しばらく、悪戦苦闘苦労するが、赤布が現れだし、本来の道に出たので、一安心である。

しかし、あまり良い道とは言えず、樹林帯の暗い陰気な登山道である。赤布が、あるので心配ないが、やはり、あまり踏まれていない道なので、歩きづらく、注意しないと、すぐ赤布を見失う。高度計を見ると、2000mを越えている。確か横岳峠は2050m前後なので、もうすぐだと思って、ガンバッテ登るが、その気配は無く、ますます、樹林帯の中に入って行くみたいである。

その内、錆び付いたバケツや、太いワイヤーロープが現れだし、沢の音もしだした。その太いワイヤーロープに沿って登っていくと、廃屋が現れ、見るも無惨な姿をさらけ出していた。壊れたら壊れたままなので、薄暗い樹林帯の中なので、なんだか不気味である。廃屋を左に見ながら、登っていく。高度計を見ると、もう2200m近くになっている。

横岳峠は、何処なのか、不安になってくるが、まだまだ、道は上を目指しているみたいである。少し明るくなってきて、稜線ぽい道に出た。良く見ると、稜線からの、道らしきみたいである。多分この道を下っていけば横岳峠に行くみたいである。その証拠に、高度計は2300mを越していた。ここからは、太陽の日も当たり、視界も開け出し明るい尾根道に変わった。

所々に、木々の切れ間の岩場に出ると、千丈岳のカールが見えたが、北岳はガスで霞んでいた。午前中は天気が保ちそうであるが、なんだか嫌な雲が、下の方から湧き上がってきたので先を急ぐ。シャクナゲの木々が多く、歩きづらい。稜線に出てからも、急登が続き、なかなか、休憩するタイミングを逃す。

高度計を見ると2600m近くになっているので、三角点ピークは、近いことを確認するが、いまいち、視界が悪く岩場が出てきたと思うと、ハイマツに囲まれた、少し広い所にに出た。高度計を見ると2610mを指していたので、ここが三角点ピークと確信する。時間を見ると、まだ10:20である。地図を見ると、0:30で鋸岳、第1高点(2685m)であるが、ガスでなにも見えないが行くことにする。


ハイマツとシャクナゲの入り交じった歩きづらい尾根道から、急に下降する。踏み後らしきのがあるが、赤布をシッカリと見定めて降りていかないと、すぐ見失う。0:30程度下っても、まだコルに着く気配は無く、地図だと0:30で鋸岳と書いてあったが、嘘みたいである。ガスがまとわりつき、見通しも悪く、まだまだ下るのかと思うと、嫌になる。

このまま、ガンバッテ頂上に行っても、多分何も見えないだろう。叉この道を登り返すのかと思うと、つまらなくなり、ここで引き返す。天気が良ければ、甲斐駒ヶ岳を始め、鋸岳の岩稜を見ることが出来るが残念。三角点ピークに戻り、しばらく天気の回復を待っていたが、回復しそうも無いので、下山する事にする。


稜線沿いに、1:10程度下山すると、横岳峠に着く。峠から、振り替えと、立派な岩壁があり、しばらくその岩壁を眺めていると、上からクマ除け鈴の音がして、すましていると、登山者が降りてきた。挨拶すると、今朝ゲートで会った人である。その人は、私が出発して間もなく出発しようすると、現場関係者に、ゲート前に駐車しないで、もっと下に駐車するようにと注意され、車を移動したため、出発が5:00になったそうである。しかし、鋸岳の頂上に登ってきたとのことである。

いつ、何処で追い越されたのか分からない。その人(やざきさん)に聞いてみると、富士川の水源より、道を見失い、沢を渡り、左よりに登ってきて、廃屋の所にでて、稜線に出たとのことである。その時に、私を追い抜いたので、分からなかったみたいである。頂上に10:40頃到着したみたいで、誰も会わなかったので不思議だったが、その謎が解けたみたいである。

鋸岳全景(他のホームペイジより借用)

避難小屋から、ゲートまでの、長い林道を矢崎さんと、一緒に下山する。それにしても、サボーダムを作るための立派な道路が必要なのか疑問である。矢崎さんは、茅が岳の麓の人で、この近辺の山を日帰りで楽しんでいる人で、まだ山を初めて4年との事であった。長い林道も、二人で話をしながらだと、思ったほど長くは感じなくゲートに着くことが出来た。なかなか、しんどい山行でした。

トップに戻る 追加一覧 登山