大菩薩嶺(2057m)
2014年8月2日(土)晴れのち時々雨
塩山9:00〜9:30上日川峠9:40〜10:15福ちゃん荘10:25〜11:30大菩薩嶺〜12:20賽の河原(休憩所)13:00〜13:20大菩薩峠13:30〜14:30上日川峠14:45〜15:15大菩薩の湯16:10〜17:20しげる山荘


保土ヶ谷駅にてMUさんをピックアップして塩山駅にてSさんとMさんと合流して、上日川峠に向かう。途中、この林道を軽自動車で80歳?程の女性が運転して峠を目指していた。驚き。その車を追い越した為、運よく、峠の駐車場が満車状態であったが、一台出て行く車がいて駐車出来た。ラッキー。

登山準備をして、出かける。登山口のロッジ長兵衛に美味しいそうな桃が何と50円ポッキリで販売されている。試食する。旨い。下山後M氏に御馳走になる。広葉樹も日陰の中、福ちゃん荘に向かう。吹く風が気持ち良い。30分程で福ちゃん荘に到着する。此処より、唐松尾根を進む。歩き良い唐松の登山道で、木々の間から塩山市街の展望が素晴らしい。40分程登った所で鹿を発見する。

此処で一本する為、ザックを降ろそうとしたら、ブヨの襲撃に遇う。顔の周りに纏わりつき嫌らしいので、そのまま上を目指す。結局、雷岩まで、休憩ナシで行く。振り返ると、雲が湧いているが、富士山の稜線、大菩薩湖も眼下に見える。このまま、大菩薩嶺まで10分程なので行く。途中、2名の山ガールと一緒になり、嶺まで行く。集合写真に一緒に納まる。

雷岩でランチタイムと思ったが、雨が降りだし、遠くで雷鳴も、、、、。このまま、賽の河原の休憩所まで頑張って行く。コジンマリしたログハウスでそこで、Sさんご自慢の山菜ご飯と味噌汁をいただく。5人だと、オニギリを作るより、容器に入れて、紙容器で分けた方が、簡単便利である。外を見ると、天気は回復して、青空が見える。

介山荘まで、気持ち良い尾根道で、紫のホタルブクロの花が可愛らしい。場所と時間の良いので、此処で大勢の登山者がランチを取っている。夏休みで小屋の子供がお手伝いしている。トイレの脇に4WDの小型車があり、これで、子供たちは来たのであろう。広い林道を一時間程で上日川峠に戻る。帰路、大菩薩湯の露天風呂で汗を流し小淵沢のしげる山荘に戻り、楽しい夜の夕餉に向かう。


トップに戻る検索一覧追加一覧