新倉山(1180m)
2014年4月12日(土)晴れ

自宅7:00〜9:20浅間神社(P)9:30〜10:00新倉浅間神社(慰霊塔)〜10:40ゴンゴン石10:50〜11:20新倉山〜11:30御殿展望台(昼食)12:00〜13:30浅間神社(P)〜14:40月待の湯 16:00〜宮ケ瀬ダム〜19:20自宅

御近所で桜と五重の塔(忠霊塔)と富士山で有名な富士吉田の新倉浅間神社へ行く。足柄SAで休憩する。其処からの富士山は例年なく雪が多いのに驚く。東富士道路からは真白な南アルプスの白根三山が見える。浅間神社に到着。天気が良く、桜の花も見頃であるので駐車場には八割方埋まっている。準備体操後、397段ある神社の階段を登る。

Hさんが、階段の数をカウントしながら登る。途中で振り向くと、桜の花と真白き富士山が迫っている。素晴らしい。
息を弾ませ登りつくと、社殿風のトイレが現れる。用を済ませ、撮影ポイントに行くと、。テレビ東京の「YOUは何しに日本へ」と言う番組組で新倉浅間神社が紹介された為か、、、、、意外と外人さんが多い。我々も、合間を見て撮影する。

明るい尾根道を登って行くと、上から高齢者が朝のウオーキングを終えて降りてくる。皆さん元気がいい。ゴンゴン石で一服する。吹く風が冷たい。上からドンドン高齢者男性が降りてきて、朝の挨拶を交わす。皆さん、何処まで行くのか聞きたがる、、、。大棚滝を回って浅間神社に戻ると言うと納得する。

新倉山を越え、展望台にて昼食を摂る。此処からの富士山は見事である。眼下に富士急ハイランドがすぐ其処に見える。食後、急坂を下り、一月に来た時は、アイスバーンでアイゼンを付け、難儀して下ったが今は無い。しかし、日陰の沢には白い物が見え隠れしている。良く見ると残雪がある。

三つ峠の分岐から別れ、杉林の日陰の斜面を行く。沢筋にはまだ多くの雪があり、新潟の山でも来た雰囲気である。今年の雪の多さに驚く。大棚の滝は一月より水量は多いが余り迫力がない。立派な堰堤まで下って来ると、立派なしだれ桜が庭先に植えられ、そろそろ満開の時期が近付いている。約4時間のハイキングを終え、都留市の「芭蕉月待ちの湯」に入り大月ICより帰路につく。

トップに戻る検索一覧に戻る追加一覧に戻る