栂池自然園スノーシューハイク
2014年3月15日(土)晴れ

昨日、南町田駅に21:00時に集合して東名、東富士、中央高速を利用して、中綱湖(久保田民宿)に1時に到着。横浜から四時間で着く。渋滞も無く、路面の凍結も無く順調に来る。意外と速い。長年付き合いの民宿であるので、勝手に部屋に潜り込む。

早朝、抜群の天気で、雲一つないブルースカイである。鹿島槍が白く輝いている。民宿でお弁当を作ってもらい、栂池高原スキー場に向かう。路面の凍結も無く順調に車を走らす。青木湖からの白馬三山は見事で、写真タイムとする。

栂池高原無料駐車場は満車で金1000円也を払い有料駐車場に入れる。民宿で借りたスノーシューをザックに付け、ゴンドラ乗り場に行くが、チケット売り場は大混雑である。スノーシューの人は皆無で殆どの人はスノーボードが多い。漸くゴンドラリフトで栂の森駅に向かう。ゴンドラからの展望は素晴らしく、妙高、雨飾山方面、白馬三山が真近かに見える。

栂の森駅でスノーシューをつけ、樹林帯の中に入って行く。踏み後は少ない?。燕山荘オーナ主催のスノートレックが有るはずであるが、、、、????。人が集まらなかったのか?。
急登を登って行くと林道に出る。道なりに行くと、雪崩注意の看板ある。見ると、雪崩そうな斜面であり、素早く通り過ぎる。

最短コースを登り詰めると神ノ田園に出る、絶好のロケーションで集合写真タイムである。早稲田小屋を過ぎ最短コースを行くと、栂池ロープウェイの自然園駅が見えてきた。この時期、もう運行している。上空にはヘリハイキングのヘリの爆音がうるさい。今日は稼ぎ時である。スキーヤーが上をめざし登って行く。我々は、自然園の雪原で雪のテーブルを作り、民宿で作ってもらったお弁当を白馬岳を見ながらいただく。その後の甘酒も最高。

その後、栂池ロープウェイの脇の新雪を踏みしめ、スノーシューの醍醐味を味わい栂の森駅に下る。その後、白馬ハイランドホテルの露天風呂に浸かり帰路につく。

トップに戻る検索一覧追加一覧