高草山(502m)
2014年1月2日(木)晴れ
吉田5:30〜東名焼津IC〜6:30石脇林道〜7:00高草山7:10〜7:30石脇林道〜8:00吉田

年末の30日に午前中の仕事を終え、いつも通り、かみさんの実家の榛原郡の吉田に行く。その足で、御前崎のホテルに行く。31日に御前崎灯台の朝日、夕日を見て、元旦は吉田海岸の初日の出を見て、お墓参り、お寺に新年の挨拶、地元の神社と島田の大井神社に初詣して、カレーを食べて帰る。二日は、早朝、焼津(日本坂トンネルの上)の高草山に登り、朝食、相良の子生れ温泉に浸かり、大井川の川根温泉の鉄橋を渡るC11の機関車を撮影して、夕食後五時間かけて、3日から仕事の為、五時間かけて、横浜に帰ってきた.。相変わらず忙しい年末年始である。

二日の朝、5時に起床。まだ真っ暗で、窓を開けると、星が輝いている。天気は良い。五時半に吉田を出て、東名高速の吉田ICから焼津ICで降り、東名のガードを潜り、林叟院に向かう。其処から、暗い林道を目指したが、行き止まりで、元来た道に戻り、石脇林道をドンドン登って行く。

高草山

やがて分岐が現れ、道なりに行くと下り始め林叟院に戻った。仕方なく、又、登り返す。石脇登山コースの林道を何度か横切り、広い場所に出る。焼津市街、汐風閣のホテルも見える。此処で登山準備をして上を目指す。

茶畑の脇の階段を登って行くと、ヘッドランプを点けた人が、駆け下って来た。朝の挨拶をして疾風のごとく去って行った。ドンドン登って行くと、暑くなって来たので羽毛服を脱いでいると、上からストックを突いた高年男性が下りて来た。今日はまだ二人であるが、昨日の元旦は、さぞ人が多かったのであろう。

林道を三回横切り、階段の多い急坂を登って行くと、漸く太陽が顔を出してきたが、何だかぼやけている。時間は7時前である。急がないとヤバイ。山頂手前に少し開けた場所にベンチが一つあり、ぼやけた富士山が見える。雪は若干少なめである。道は緩やかになり、山頂は近い。木々の間から太陽が出てきた。何とか間に合ったが、今年の日の出は、去年と比べて気温が高い為ぼやけている。此処で、テルモスの紅茶を飲み、富士山と日の出を堪能する。山頂のコジンマリした神社に安全登山を念じて御参りして下山する。

途中、下から高年男性?が、何やら重い(石でも入っているのか)ザックを背負って登って来た。ヒマラヤでも行くのか?。挨拶を交わし駐車場に戻る。朝の雑煮の時間に間に合う様うに吉田に15分程で戻る。

トップに戻る検索一覧追加一覧

御前崎の夕日
御前崎の朝日