岩戸山(734m)熱海
2013年11月9日(土)曇り
自宅7;30〜東名御殿場IC〜箱根スカイライン〜芦ノ湖スカイライン〜10:30熱海峠(日金山霊園ひがねやまP)〜東光寺〜石仏〜11:30岩戸山12:10〜13:00日金山霊園〜13:15十国峠〜13:50日金山霊園(P)〜伊豆山神社〜15:00熱海トーカ保養所


熱海にて、かみさんの高校時代の仲間とその連れ合いで早めの忘年会を行う。そのまま行くには勿体ないので、岩戸山経由で行く。御殿場ICより長尾口を右折する。最近出来た乙女森林公園駐車場がある。其処からの富士山は素晴らしくトイレもキレイ。

岩戸山

恋人が打ち鳴らす愛の鐘もある。その前にある、乙女森林公園キャンプ場から、乙女峠〜金時山登山コースがある。オートキャンプ場もある。長尾峠に向かって行くと、後ろから、オートバイの爆音が聞こえてきた。その数30台以上ハンパではなく、道を譲りお先に行ってもらう。何故かオートバイは群れたがるのか????分からん。

伊豆スカイラインの入口の熱海峠に着く。案内所の脇に綺麗なトイレで用を済ましていると、四十台以上の大型オートバイ軍団が爆音を撒き散らし、伊豆スカイラインに吸い込まれて行った。何故群れたがる。車を置いて、岩戸山の登山口を探すが、見当たらない。

傍に、霊園入口の看板があり、車で登って行くと、小さな駐車場とトイレがある。その先に日金山霊園(峠の広場:展望台とベンチあり)が現れる。其処に、岩戸山への案内板がある。これじゃ、登山地図を見てもおおざっぱで分からない。

少し戻り、トイレのある、小さな駐車場に駐車して、霊園に行くと十国峠への案内板がある。岩戸山へは、舗装林道を下って行く。しばらく下ると両側にアジサイが植わっていて、東光寺(源頼朝公建立による地蔵菩薩がある)が現われる。

東光寺の鐘楼から、湯河原の町並みがすぐ其処にみえる。社務所の前から、姫の沢への道と岩戸山への道がある。落葉樹(若干紅葉は終わっている)の広い尾根道の岩戸山に進む。途中未代上人(富士上人)の宝筺印塔(富士山を数百回登って修行し富士山頂に大日寺を建立し、富士山の山岳信仰を定着させた)を横目で見ながら進むと、湯河原(落合橋)への分岐が現れ、下から登って来た高年6人グループと出会う。十国峠経由岩戸山に行くとの事。元気元気の高年グループである。

開けた芝道から分かれ、岩戸山への歩き良い尾根道を行く。山頂近くに近道の標識があり、本道より道は良いみたい。三角点と木のベンチのあるコジンマリした山頂で、見晴らしは雲っていても最高。真下に熱海市街が見える。

温かいラーメンを食べていると、高年の夫婦が登ってきただけで、静かな展望バツグンの山である。帰路、保養所に行く途中に伊豆山神社に寄ってみる。神社の裏手から白山神社経由岩戸山に行くルートがあり、次回、そのコースをチェックしてみたいものである。その夜は、熱海保養所の湯船から、初島を真近に見ながら山の汗を流す。

トップに戻る検索一覧追加一覧