御中道(富士山)

2013年10月12日(土)晴れ
自宅7:00〜南町田駅8:00〜11:20御庭駐車場11:40〜13:10滑沢(2409m)13:30〜14:00大沢休泊所14:30〜16:00御庭駐車場〜紅富士の湯経由〜20:30南町田駅〜21:00自宅


御近所の人と南町田駅でHaさんをピックアップして富士山の御中道に行く。三連休で御殿場ICより山中湖方面は渋滞で大変。富士スバルラインの御庭には、一時間遅れで到着する。富士山が世界遺産になったお蔭で立派な綺麗なトイレが完成している。

標高は2230mあり、少し此処で高度順応して出かける。天気は雲一つない快晴である。広い道路を渡りゲート脇から溶岩道を登って行くと、石畳みの登山道が現る。両側は針葉樹林の暗い道で、水ゴケ、杉ゴケがいたる所に勢力をのばし、キノコもあちらこちらに目立つ。

暗い樹林帯を抜けると素晴らしい展望(南アルプス、八ヶ岳、河口湖)が待ち受けているが、風が強く行く手を拒む。上から団体さんが降りて来た。もう下山して来た。五合目か御中道コースか?。登って行くと、荒廃した御庭山荘が現れる。東方向に行くとスバルライン五合目で西に行くと御中道方面である。カラマツの紅葉はまだ早い。富士山頂方面の森林限界の落葉樹は黄色く色付いている。

林道を進んで行くと、大きな車止め用の大石の所で、高年男性三名と女性一名が、もうシートを広げて紅葉を見ながら缶ビールで一杯やっている。我々はそれを横目で見ながら先に進む。林道から別れて、左の登山道へと入って行く。

ナナカマドやブナの木々の紅葉が美しい。今回は、Hiさんも高山病の影響もなく元気である。。渋滞で大沢崩れでランチの予定であったが滑沢にてランチとする。景色は最高。富士山山頂もすぐそこにある。仏石流しは今にも落ちそうな大岩を見上げ通過する。一番沢、二番沢、前沢を越え下って行くと、大沢休泊所に着く。紅葉は若干早い。少し下った大沢崩れは、相変わらずの大迫力の大岩壁で大迫力である。「バタバタ、、、」と下部で何やら音がする。

良く見ると、ヘリの爆音で荷をヘリで運んできている。直ぐ荷をおろし立ち去って行く。大沢崩れの崩壊はすごく、毎日10トンもの瓦礫が崩落している。その崩落止めか、よく見るとサボーダム用のドラム缶風の物が多く敷設されている。秋の日暮れは早いので早々に下山する。帰路、「紅富士の湯」の露天風呂から影富士を堪能して帰路に着く。

トップに戻る検索一覧追加一覧