立山二山(雄山3003m,浄土山2831m)
2013年7月26日(金)〜28日(日)
7月26日(金)保土ヶ谷駅13:30〜東名(横浜〜御殿場)〜東富士道路〜中央高速(河口湖〜松本)〜安房トンネル〜21:00立山
7月27日(土)「曇後大雨、雷」立山駅6:00〜6:07美女平〜8:00室堂8:30〜9:50浄土山〜10:50一ノ越11:30〜12:50雄山13:50〜一ノ越〜16:15雷鳥沢温泉(雷鳥沢ヒユッテ)
7月28日(日)「雨のち曇り」雷鳥沢ヒユッテ6:30〜7:30室堂8:00〜8:50美女平9:10〜9:17立山駅9:30〜福地温泉経由〜19:20 本厚木駅〜22:20自宅。


北アルプスの立山に、ATKで行く。上高地の安房トンネルを抜け、神通川を下って行く。右手に神岡鉱山の明かりを見て立山駅を目指す。現地には21:00過ぎに到着。平塚組は、駅前の千寿荘、安部家は車中泊。早朝、5時過ぎにキップ購入の為駅前に並ぶ。並んでる叔父さんからJAF会員証を提示すると5%引きである事を知り早速車まで取りに行く。ラッキー。一番の6:00発のケーブルカーに乗る。殆どトンネルばっかりで美女平に行く。(美女平手前の傾斜は29°)

(雷鳥沢ヒユッテ)

此処から約1時間のバスの乗車である。ブナ坂、ブナ平を行くと、屋久杉に引けを取らない、素晴らしい数千年を超える杉が道路脇にあり見事である。その後、称名の滝が見える所でバスが止まり見せてくれる。室堂に着く。休憩所で完全装備をして外に出るがガスで何も見えない。
名水百選「立山玉殿の湧水」をペットボトルに入れ出発する。室堂山荘に向かう。石畳の道で幅が広く両側にはハクサンイチゲ等の高山植物でいっぱい。

山荘前でストレッチして我々は浄土山へ、殆どの人は一ノ越方面に向かって行った。まず室堂山(2668m)の展望所に行くがガスでなにも見えない。天気が良ければ、槍、穂高方面が見えるはずだが、、、、、残念。分岐まで戻り雪渓を渡り岩場を登って行くと、ベニバナイチゴの群落に出会う。急登を登り切ると、石垣の小屋跡が現れる。その先の縦走路に動くウズラ見たいな鳥がいる。何と、雷鳥がノコノコ歩いている。

我々を道案内するように、少し行っては立ち止まり、我々を待っている。丁度良い所で休憩すると、雷鳥が飽きたのか、、、下部のガスの中の雪渓めがけて飛んで行った。暫らく尾根道を行くと、子供三匹と母雷鳥が、チングルマの花の中を我々を気にする様子もなく優雅に歩いている。漸くガスが晴れると、一ノ越小屋が確認出来る。その下部の雪渓には、アリンコの行列のごとく、登山者がうじゃうじゃいる。

一の越まで30分程で下れる。地元の小学生の団体がランチタイムでいっぱい。雄山の登山道も渋滞している。正しく富士登山と同じである。対面には針ノ木岳が雲の下に見える。ランチのおにぎりを胃袋に入れ出発。さっそく、登りと下りが同じであるので渋滞にはまる。雨が降ってくる。すぐ雨具を着ける。上部の岩陰で女性が頭に包帯を巻いて横たわっている。事故が発生したみたい。その傍まで行くと、登山ガイドらしき人が添乗員と話している。

「山岳保険は入っています?」「入っているとおもいますが、、、、」その周りには登山ツアー客15〜16名がこの雨の中待機している。人数が多いと何かアクシデントがあった時の対処が大変である。大分上部に差し掛かった時、山岳救助隊員がきて、その女性を一人が背負い、二人がザイルで確保しながら一ノ越小屋に下山していった。普通雄山まで一時間もすると行けるが、この渋滞で倍近い時間がかかった。雄山山頂のいっぱいで座る場所もない。我々は縦走なので、早々に腰を上げ、富士の折立方面に向かう。雄山神社の左脇を巻き下山にかかる。岩場で気をつけないと危ない。

暫らく行くと、雨が激しく、雷が鳴りだした、、、、、、、。又鳴りだした。これから、3000m級の尾根道が続き、この雷で登山者に直撃する確率が高いので、即、登山中止して来た道を下山する事にする。上から、20名程の登山ツアーの人達が降りて来た。ガイドがスタコラ下りていき、一枚岩で難儀している人がいるのに、、、。私が、そのツアー客にアドバイスしながら、その団体が通り過ぎるのを待つ。この天気、この雷。当然登山を中止して下山が当たり前だが?????。この様な団体ツアー登山は天気が良ければ問題ないが、悪条件の時のガイドの判断次第では遭難という事もありうる。私はこの様な登山はしたくない。

雄山神社で雨と団体登山者が下山するのを待って、一ノ越小屋に下山する。我々の前に中国から来た若いアベックがショルダーバックを肩から掛け、ビニールのカッパだけの軽装で、靴も普通の靴である。下山後、中央アルプスで韓国の20名の登山者の内4名が軽装で低体温症で死亡している事を知る。

室堂小屋まで何か所の雪渓を渡り、ミドリ池経由して、雷鳥沢ヒュッテまで雨の中下って行く。意外と長くキャンプ場手前の雷鳥沢ヒュッテの屋根が見えてきてホットする。小屋で受付を済ます。やはり剣沢で雷にやられたみたい。早々に、此処の名物の乳白色の硫黄展望風呂に浸かる。素晴らし立山の残雪を目の前にして入浴は超最高、最高で極楽である。外は雨でも風呂上がりの生ビールも最高。言う事なし、、、、、、、。翌朝も雨で、朝風呂に入り早々に室堂に戻り立山駅より一路、福地温泉の露天風呂と五平餅を食べ帰路につく。

トップに戻る検索一覧追加一覧