大洞山(おおぼらやま)1383m(角取山:つのとりやま)

2013年07月13日(土)晴れのち曇り
本厚木駅7:30〜籠坂峠(山中湖村公園墓地)9:50〜10:30アザミ平〜11:20大洞山11:35〜11:50アザミ平手前12:40〜12:55畑尾山〜13:10富士展望地〜立山〜14:20 籠坂峠(山中湖村公園墓地)〜15:30御殿場温泉会館16:30〜18:50本厚木駅


ATKで山中湖の籠坂峠の大洞山に行く。峠からUターンして山中湖村公園墓地の駐車場に車を止める。5〜6台駐車出来、公園のトイレもある。お盆なのか、お墓参りに来ている人がいる。振り向くと富士山山頂部に沢筋に残雪が残っている。

曇っているので、ブナ林を歩くのに丁度良い。樹林帯から抜け出すと、明るいアザミ平である。白やピンクのサンショウ薔薇が咲いている。山法師の花も咲いている。バイケソウの花(緑かかった梅に似た葉がランに似ているのでこの名がついた)も咲いている。フジアザミの花はまだ咲いていない。登山道に魚のエイみたいな葉に真ん中から白い可愛い花がさいている。調べてもわからない。

火山砂礫の原を行くと、後ろ手に富士山、右手に金時山、愛鷹山が見える。吹く風が気持ちいい。植生保護のため、ロープが張られている。暫らく進むと、ブナの樹林帯の中に入って行く。道が清掃されている。角取神社奥ノ院入口で道を整備している人と出会う。その先に、大洞山の山頂であるが、この時期、新緑で景色はいまいちである。集合写真を撮り戻る。冬季であれば、木々の間から富士山が見えるが、、、。

富士山と山中湖と三つ峠山が見える、アザミ平手前の広場でランチタイムとする。籠坂方面から中年オバサン組が来て、我々の傍でランチタイムである。多分、マイクロバス峠まで来て、山を縦走して三国峠でピックアップしてもらうのであろう。

我々は、畑尾山を越え、立山(たちやま)の富士山展望地(1309m)で優美な富士山を見て帰る。帰路の立山からの下山道は、窪地で陰気臭く、あまり人が入っていなく、虫が多く難儀する。早々の下山で、御殿場温泉会館で、山の汗を流し帰路につく。

トップに戻る検索一覧追加一覧