蓼科山(2530m)

2013年06月01日(土)曇り時々晴れ
しげる山荘7:00〜8:40大河原峠9:00〜10:20赤谷の分岐〜10:40蓼科山荘〜11:20蓼科頂上ヒユッテ〜11:30山頂12:15〜14:35大河原峠〜16:00しげる山荘


金曜日の夜にMさん親子を保土ヶ谷駅でピックアップして、小淵沢の八ヶ岳牧場近くのしげる山荘に行く。到着後しばらくして、小淵沢駅にS氏を迎えに行ったSUMIさんが帰って来て合流する。早速、ウェルカム酒を飲み、明日に備える。

早朝、観音平手前の富士見平に写真を撮りに行く。甲斐駒ケ岳、北岳が直ぐそこに見える。富士山は薄っすらしか見えないが、天気は悪くはない。朝食後白樺高原から、大河原峠に向かう。途中、七合目登山口で通行禁止のウマがあり、皆さん其処に車を駐車して、蓼科山に向かって登っている。我々は、通行止めを無視して、ドンドン進んで行く。所々、落石があり、迂回しながら車を進める。途中、崖崩れの為、工事箇所があり、その間を抜けて行く。大河原峠には数台の車が駐車している。

浅間山が見え、天気は良い。大河原ヒュッテは閉まっていて、自動販売機もブルーシートがかけられている。トイレも閉鎖中である。各自それぞれの箇所で 済ませる。ストレッチ後、出発。双子山と反対方向の熊笹の中を行く。しばらく行くと、先行グループが残雪が多いのでスパッツを装着している。

我々(安部夫婦のみ)もスパッツを装着する。木の枝に赤布が縛り付けてあるので、道を誤る事は無いが、油断すると、残雪を踏み抜きツボ足になる。大河原峠は2093mもあり、山頂は2530mで、高度差は437mでラクチンコースと思ったが、残雪が多く、思ったより難儀する。初めの登りがキツイ。

その後、コメツガの樹林帯の中を行く。雪が融けて沢状態になっている。赤谷の分岐手前に、佐久市の最高点の碑が雪の中にある。その先から、蓼科山のこん盛りした山頂と頂上ヒュッテが見え、其処に続く道に雪がシッカリついている。将軍平には、やっと芽をだした、コバイケ草を確認出来る。

蓼科山荘には、大勢の登山者がいる。七合目登山口から登ってきたのであろう。キャンプ用の肘掛け椅子があり、登山の疲れを癒してくれる。此処で、一息入れ、山頂を目指す。直ぐ雪道になり、急登が続く。あまり、岩が出ていなく、踏み跡が階段状になっているので、登りやすいが、下りは階段が潰されて大変である。ザイルが張られているので、初心者でも安心である。しかし、蓼科山頂ヒュッテ手前のトラバースぎみの斜面は雪面でロープが張られていないので、初心者は緊張する所である。

ヒュッテから5分で岩のゴロゴロした山頂が現れ、北アルプスが一望に見える、360度の大展望が待っている。岩の平ら部分を探し、ランチタイムとする。ポタジュースープとサラダとサンドイッチとドリップコーヒーで至福の時間を過ごす。空模様がおかしくなってきたので、店仕舞いをして、大河原峠に下山して、しげる山荘に戻り、近くの温泉に入り、皆でビールで祝杯をあげる。今夜は、ゆっくり美味い酒を時間を気にせずに八ヶ岳の山荘で楽しむ。極楽極楽。

トップに戻る検索一覧追加一覧