小富士、グランドキャニオン
2013年05月25日(土)くもりのち晴れ

自宅7:00〜東名御殿場IC〜須走道の駅〜ふじあざみライン〜9:00グランドキャニオン〜(グランドキャニオン往復)〜須走五合目(2000m)〜(小富士往復)〜紅富士の湯〜パノラマ台〜大井松田IC〜19:00自宅


御近所で富士山の五合目の小富士とグランドキャニオンへ行く。御殿場ICを降り、須走道の駅に行くが、時間が早い為まだ開店していない。其処からふじあざみラインを行く。馬返し先のグランドキャニオン入口に駐車して、東富士学校(自衛隊)の立ち入り禁止のトラロープを潜り、新緑の森の中へ突き進む。ミツバツツジの紫の花が美しい。足元を見ると可愛いスミレの花も満開。10分も歩くと、グランドキャニオン沢が見える。足元の悪い火山がれきを下る。

年毎に、沢が雨風の為、埋まりつつある。右手の岩壁に驚きつつ進む。何故かモグラの死骸が転がっている。正しく日本のグランドキャニオンの名に恥じない所で集合写真を撮る。此の先落石の為、危険の標識の所から尾根道に出るが、一か所崩壊場所があり難儀する。やっとの事で尾根道に出る。右手に違った角度からのグランドキャニンを見て皆さん感激。

元の林道に戻るとバスがドンドン須走五合目目指して登って行く。我々も追いかける。天気が良く、五合目から残雪の富士山山頂が良く見える。団体さんが来る前に早々に登山準備して、小富士に向う。登山口で菊屋のおばさんに捕まる。無料のお茶を御馳走になり、帰りに寄るからと、先を急ぐ。登山禁止のゲートを巻き古御神社の階段を登る。須走口から頂上に向かう時は、この神社を通過しないと、行けない。外人が軽装で登って行く。何処まで行くのか心配である。その連中が遭難騒ぎを起こすので、我々は、大変迷惑である。

神社に参拝して小富士に向かう。溶岩で足場が悪いので要注意である。本来の小富士遊歩道の合流の下に来た時、Hさんの奥さんが転倒する。手を突いたらしく、少し血が滲んでいる。膝も打ったらしく、若干血が滲んでいる。目まいがして、吐き気もする。ヒア汗も出てきた。素早くザックから、酸素缶を出し、酸素を吸ってもらう。手にバンドエイドを貼る。ズボンの上から痛み止めスプレーを噴射。膝にサポータを巻き、ポカリを飲んでもらう。これで、ようやく呼吸も落ち着き、吐き気目まいも治まる。ホットする。

転倒して気が動転して、過呼吸で高山病になったみたいである。これで一安心である。此処よりあまり高低差のない針葉樹林帯を20分程歩くと小富士に到着する。JR東海さわやかウオーキングの団体さんが、いい場所を陣取っている。我々は、風を避けてダケカンバの脇でランチタイムとする。雲が湧いてきて、山中湖、河口湖が見えないが、富士山頂上は雲一つない。転倒した奥さんも回復して、安心、安心。

この時期、須走五合目がら幻の滝が出現するが、今回は割愛して、紅富士の湯に浸り帰路に着く。翌日の毎日新聞朝刊に幻の滝の写真が出ていた。

トップに戻る 検索一覧 追加一覧。