ミツバ岳(835m)権現山(1018m)
2013年04月13日(土)晴れ
南町田駅8:00〜9:30滝壺橋手前(P)9:40〜11:10ミツバ岳11:20〜12:15権現山13:05〜13:45ミツバ岳〜14:40滝壺橋手前(P)〜丹沢「ぶなの湯」経由帰路。

グッドビューでミツバ岳に行く。天気は快晴である。南町田駅にて、皆さんと合流して大井松田ICから丹沢湖の滝壺橋手前の駐車場に行く。4月6日に「大人の山歩き」で放送されたばかりで、そのせいか、登山者が多い。何時ものこの時期であれば、しだれ桜が満開であるが、今年は旬は過ぎたみたいである。準備体操後、登山口に向かう。滝壺橋から、三段の滝が見える。さっそく写真タイムする。橋を渡った所から登山口である。

(ミツバ岳)

簡素な標識が現れ、すぐ急坂が始まる。黄色いヤマブキの花が美しい。足元にはスミレの花が咲き乱れている。アリとスミレが共生していると、大人の山歩きで知る。「アリがスミレの花を巣まで運び、蜜だけ取り種を外に出すのでスミレの植生が広がる」。杉林の鹿除け柵沿いの道を登って行く。ジグザクの急坂をグイグイ登って行くと、右下に丹沢湖の湖面が木々の間から見える。特異なカントウマムシクサが道脇に現れる。高度が上がるにしたがい、ミツマタの花が現れる。

本来であれば、黄色の花で、何とも言えない上品ないい匂いが漂うが、、、、。旬が過ぎたのか、あまり匂わない。しかし、花の数は多く、それなりに見応えがある。一時間半程で、ミツバ岳の頂上に着く。富士山ビューポイントへ柵を潜り行く。三国山の先に雪を被った富士山が見えるはずであるが、、、、。山頂付近のみで、雲に覆われ全体が見えない。

残念無念。帰路にまた通るので、権現山に行く。高低差のない尾根道で、やたら赤色ペンキでマーキングしてある。ガスっていると道が分かりづらく便利であるが若干目障りである。此処へ来るにはそれなりの地図読みの出来る人限定の山なはず。

天気が良くノンビリした尾根歩きを堪能する。樹林帯に吹く風が気持ち良い。権現山の木のテーブルには先客がいて、我々は、山頂先の陽だまりで、レジャーシートを広げ、ランチタイムとする。至福の時間を過ごし、来た道を戻りミツバ岳でミツマタと富士山のツゥーショットを写真におさめ、中川温泉「ぶなの湯」の露天風呂に浸かり帰路につく。

トップに戻る検索一覧。追加一覧。