高水三山(高水山759m,岩茸石山793m,惣岳山756m)

2013年03月24日(日)曇り
軍畑駅10:00〜10:30高源寺〜12:35高水山〜13:20岩茸石山14:00〜15:10惣岳山〜16:25御岳駅

山ガールネットで高水三山に行く。青梅線の軍畑駅に9時前に行く。変わった名前の軍畑(いくさばた:1560年代青梅付近を約250年領としていた三田氏と八王子付近を支配していた北条氏がこの地で幸垣(からかい)城をかけた戦「幸垣合戦」を繰り広げこの合戦からこの地名がついた)。

下車すると、今回の企画のコーヨーのスタッフと歌って登れるシンガーソングハイカーの加賀谷はつみさんとマネジャーと合流する。その後、ガイドのKさん、明治製菓、ミズノのサホーターと合流する。今回のテーマは山の登り方、下り方、トレッキングポールの使い方の実習である。

総勢30名強の大人数であるので準備体操後、私(B班)とK氏(A班)と二班に分けて出発する。踏切を渡り右手に趣ある鉄橋を見ながら舗装道を下って行くと、懐かしい床屋が現われる。広い道路に出て登って行くと平溝橋が現れ、左方向に平溝川沿いに登って行く。この付近はまだ桜は満開ではなく、5〜6分程度である。しかし桃の花は満開である。

高源寺で、服装の調整と水分補給をする。前の班はドンドン登って行く。我が班はのんびりと皆さんの足取りを確認しながら歩を進める。舗装道から登山道に移る。急に階段が始まる。階段の登り方の裏ワザを山ガールに伝授する。皆さん驚いた様にビックリする。

杉の樹林帯の九十九折の急坂を登って行くて尾根道に出ると六合目の石碑が現れる。その先にベンチもあり休憩には丁度良い。空は曇り空であまり視界が効かないのが残念。

30分程で高水山常福院の階段に着く。その手前に右手下に舗装道路が確認出来る。階段を登り切るとランニングランの人達が一本立てていた。お寺を回り込みその裏手に小奇麗なトイレがある。此処でトイレ休憩にする。なだらかな坂道を行くと東屋がありその先に高水山の山頂がある。此処で山ガール集合写真を摂る。

山頂からの下りに入る。ポールを使ってのレクチュアをする。急階段の時にポール使用は膝への負担が軽減され有効であるが、あまり頼り過ぎると良くない。岩茸石山の巻道から尾根を登り山頂に着く。曇り空で生憎の天気で展望はない。しかし、此処で歌って登れる加賀谷はつみさんの生歌の披露がありそれなりに皆さん満足な様子である。此処よりA班、B班入れ替わり、下山する。惣岳山までの途中の尾根道は意外とアセビの木が多く、スズラン見たいな可愛い小さな花を咲かせている。

惣岳山には青渭神社の社殿がある。だらだらした暗い樹林帯の中を1時間程下ると慈恩院の裏側の竹藪へと下ってお寺の広場でA班とB班合流して解散する。御岳駅側の藁葺ソバ屋で反省会?をして帰路につく。

トップに戻る検索一覧追加一覧