入笠山(1955m)スノーシュー登山?。
2013年03月02日」(土)晴れ
自宅5:30〜中央高速(小淵沢IC)〜9:00富士見パノラマスキー場山麓駅〜(ゴンドラ)〜山頂駅9:30〜9:50入笠湿原10:00〜10:50入笠山11:30〜12:20山頂駅〜12:40山麓駅〜道の駅(蔦木宿:つたの湯)15:00〜18:20自宅


スノーシューを買ったので、天気が良いので入笠山へ行く。富士見パノラマスキー場までの道の脇にはそれなりの雪は有るが道路には無い。途中に貸スキー貸スノーボ−ドの看板はあるが、貸スノーシューの看板はない。ゴンドラ乗り場前にスノーシューツアーの為のスノーシューが箱の中に山盛りに置いてある。それを横目にゴンドラリフトに向かう。最近はスキーヤーよりスノーボ−ダーの方が多いようだ。

一緒に乗り合わせたスキーヤー同志、年金生活者みたいで話が弾んでいた。此処のスキー場も年金者が多く来場している。天気は最高。八ヶ岳連峰の山頂部は風が強くガスっている。それに比べて、此処は、快晴である。案内板の脇から入笠湿原への道がある。雪がシマっていて、ゼンゼン沈み込まない。先に着いた登山者は、スノーシューを履いていたが意味がない。我々はザックに付けロングスパッツのみで出発。

歩き良い樹林帯のなだらかな雪道を行く。鹿除けの柵を潜り15分も行くと、湿原の入口に到着。冬季解放の門扉を通り、雪の湿原に入って行く。踏み跡が無数にある。道から外れると40cm〜50cm程沈み込むが本道は問題なし。山彦山荘先の新しいトイレは、使用OKなので、女性には有りがたい。他の中年夫婦は車道をスノーシューを履いて行った。我々は登山道を行く。アイゼン、スノーシューナシで快適に歩ける。

本来マナスル山荘から入笠山へ登るが、この時期はスズラン畑の柵を潜りそのまま登って行く。雪は沈み込まなく快適である。スノーシューを履いて登っている登山者がいるが、登山道では邪魔。新雪の樹林帯を行くのであれば別であるが、、、、、。高年の登山者が入笠山山頂付近の急坂を難儀して登って来る。良く見ると、爪なし木のカンジキで、息を切らしながら、、、、。回り込めば楽チンで沈み込まないが、それでは、カンジキを履いている意味がない。

なかなか根性がある高年登山者である。若者登山者は、沈み込まない登山道をスノーシューを履いて山頂を目指している。山頂は風が強く注意しないと帽子が飛ばされる。諏訪湖が見える。甲斐駒ケ岳、鋸岳が良く見えるが、八ヶ岳方面の山頂部は相変わらず雲の中である。我々より先に柴イヌを連れてきた登山者がいる。何度も来ているらしく、柴イヌは余裕がある。飼主にお願いをして、ワンちゃんと記念写真を摂る。

風が強く、少し下った樹林帯で雪をならし、暖かいラーメンを作る。旨い。ドンドン登山者が登って来るが山頂には風が強く長居は出来ない。風の無い樹林帯で休憩している。早々に切り上げ、これからスノーシューを履き、登山道でない樹林帯に入って行く。さすが、スノーシューの効果抜群。

木の枝が邪魔をして歩きずらいが、新雪の樹林帯を苦労せず下山出来る事は楽しい。マナスル山荘下のスズラン畑までで、スノーシューを脱ぐ。下から、ハスキー犬、ボダーコリー犬、ミニチュアダックス犬とこの山はイヌを連れてくる人が多い山である。ワンちゃんも大変。お昼過ぎには山麓駅に戻り、道の駅蔦木宿:つたの湯(露天風呂)で体を温め帰路につく。





ワンちゃんと記念写真












新雪の樹林帯








つたの湯





戻る検索追加一覧