越前岳(1504m)愛鷹山

2012年11月24日(土)曇りのち霰(あられ)雹(ひょう)

保土ヶ谷7:00〜9:20十里木高原駐車場9:40〜10:00展望台〜10:30(1098m地点)10:40〜12:00越前岳頂上12:50〜14:30十里木高原駐車場〜17:30保土ヶ谷

御殿場ICを降りて十里木高原に向かう。 途中「遊湯の郷大野路」を左手に見て進んで行くと愛鷹登山口が現れ、その先に十里木高原の駐車場があり、今回は其処から、越前岳(裾野市駒門付近から見ると前岳が越前岳より高く見える地点がある。これを見た村人達は前岳の向こう側にある山として越前岳と呼んだ)を目指す。天気は予報に反していまいち良くないが、駐車場はほぼ満車(30台程度)状態である。登り口には小奇麗なトイレと靴の洗い場があり下山後靴の汚れ落としには丁度良い。

見上げると、カヤトの先に電波塔が見え、其処まで階段が続いている。この天気にもかかわらず意外と登山者が多く、家族連れもいる。雨が止んだばかりなので登山道はぬかるんでいる。15分程度で展望台に着く。天気が良ければ最高の富士山展望地であるが、残念。1098mの三角点まで明るい尾根道で歩き良い。

其処には木のテーブルと椅子があり一服するのに丁度良い所である。其処から先は樹林帯の中に入って行く。傾斜が次第にきつくなり踏み跡が多く現れる。

天気は相変わらず悪い。勢子辻の分岐が現れると、越前岳の山頂は直ぐで、時間もお昼なので、大勢の登山者が、思い思いの場所でランチタイムを楽しんでいるが、山頂はガスの中である。可愛いお地蔵様に登山の安全を祈り下山する。登山中は雨が降らなかったが、、、下山後、雹、霰が降ってきて大慌てで帰路につく。

トップに戻る 検索一覧 追加一覧