富士山(御中道)
2012年10月13日(土)晴れ

保土ヶ谷駅(他)7:00〜 東名御殿場〜富士吉田IC〜富士山スバルライン〜御庭PA(2230m)10:00〜11:10滑沢(2407m)11:20〜12:10大沢休泊所(2317m)13:10〜15:10御庭〜スバルライン五合目〜紅富士の湯経由〜帰路。


保土ヶ谷周辺で、皆さんをピックアップして、富士山に三回以上登頂した者だけに歩くことが許された聖域の紅葉真っ盛りの富士山御中道に行く。富士山スバルラインの3合目位までは、まだ紅葉が早く、色付きが悪い。

(大沢崩れ

しかし、だんだん高度が上がるにしたがい、ブナの葉がだんだん黄色くなりつつある。2230mの御庭に到着。やはり、高度があるから、それなりに寒い。以前、トイレが汚く古かったが、今回来て観てビックリ。水洗トイレで新品である。これなら、富士山世界遺産登録間違いなし。準備体操後、出発する。

道路を渡り、ゲート脇から登山道に入って行く。溶岩石で歩きづらい道をしばらく登ると標識が出てくる。其処から石畳みのシッカリしたカラマツ、コメツガの樹林帯の中を行く。湿気がなく、日陰で歩くのには丁度良い。今回、皆さんにストックを全員配給する。

暫らく歩くと、急に視界が開ける。素晴らしいロケーションで、眼下に河口湖、遠くには、南アルプス連峰、甲斐駒ケ岳、その横奥には、北アルプスの槍ヶ岳も確認出来る。小屋跡から、南の方向に行くと大沢崩れ、北に行くと五合目レストハウスに行ける。広い林道をしばらく行くと、3人連れの登山者が戻って来た。通行止めの大石の先に自動車が二台駐車しているから、道を間違ったと思って戻って来たとの事。

私「もうしばらく行くと、通行止めの大石を越えて行くと、御中道への道が出てきます」「地図を見ても載ってないから」と登山者に言う。手前に大沢崩れの標識があるが、道が悪いから、林道の道がお勧めであるが、知らないと、標識通りに行くのが正解である。コケモモの小さい赤い実が可愛い。ダケカンバ、オンダテ、カラマツ、ブナの紅葉が今が盛りである。

6月末頃来ると、シャクナゲの淡いピンクの花で満開であるが、この時期は、葉のみで残念。滑沢まで来ると、富士山頂がすぐそこに見える。下界も素晴らしい。石に刻まれた南アルプスの案内もある。我々の後から10名程の団体ツアーが近づいてきたから、早々に出発する。仏石流しの大岩が、ガマン強く踏ん張っている。それを注意深く見上げながら行く。

一番沢の鎖場を注意深く回り込み、下って行くとアルミの梯子が出てくる。見上げると大岩が今にも落ちそうで足早に通過する。2317mの大沢休泊所まで下りで紅葉が見頃の前沢を回り込んで行くと、其処に大沢崩れの大岸壁が現れる。皆さん恐る恐る御立台に立ち、記念写真に納まる。小屋に戻ると丁度、先ほどの団体が到着。入れ替わり、我々はシートを広げ、お弁当のお披露目会を始める。卵焼き、キムチ、から揚げ、赤飯、いなりずし、ベッタラ漬け、紅茶にロイヤルミルクティ等々、それはなかなか豪華版である。

今まで、晴れていた岸壁が急に曇りだし、ガスがかかって寒くなって来たので、簡易トイレで用を済まし、帰路に着く。奥庭よりスバルラインの五合目の小御岳神社の展望台に寄る。其処からの山中湖とナナカマドの紅葉が素晴らしく一見の価値がある。帰りは紅富士の湯の露天風呂に浸かり帰る。






滑沢













富士山













御小岳より山中湖













紅富士の湯







戻る 検索一覧 追加一覧