瑞牆山(2230m)
2012年10月06日(土)曇り時々晴れ
八王子7:30〜中央高速(須玉IC)〜10:40瑞牆山荘11:00〜12:10富士見平小屋〜12:30天鳥川出会い〜13:50瑞牆山14:10〜15:30天鳥川出会い15:40〜16:30瑞牆山荘16:40〜瑞牆展望所経由〜増富ラジウム鉱泉(増富の湯)18:00〜20:30八王子駅



八王子駅にて、Tさん、Nさん、Yさん、T・Hさんをピックアップして中央高速に向かうが、三連休と事故渋滞で大変。結局、瑞牆山荘には11時前に到着する。無料駐車場は満車状態である。さすが、瑞牆山、金峰山は百名山だけあって、人の山である。相変わらず中高年ばかりである。しかし、山ガールもいる。

(山頂より大ヤスリ岩)

準備体操後、富士見平小屋に向かう。なだらかな尾根道を行く。先日来の台風の影響か、カラマツの枝、ミズナラの枝が沢山落ちている。カントウマムシ草もまだ青々としている。瑞牆山荘は1515mで富士見平は1815mで300mを50分で歩く。吹く風が気持ち良い。

富士見平小屋手前に、ロープが張られ、水場の標識があり、道から外れた所に美味しそうな水が樋から流れている。意外と多いテントが張られ、此処をベースに瑞牆山、金峰山に行くのであろう。小屋に「増富の湯」の割引券ありの看板が目に付く。帰りの貰って帰ろう。小屋よりなだらかな登りが始まり、その後天鳥川に下って行くが、途中、小川山への分岐がある。帰り、この道を登り返さなくてはいけない。以前、小川山へロッククライミングに行くが、なかなか登れるルートが無く、いじけて帰った覚えがある。

天鳥川を渡った所にベンチがあり休憩に丁度良い。此処で腹ごしらえをして、桃太郎岩の右側の階段を登り、本格的な登りが始まる。この山はストック不要の山でかえって邪魔になるが、皆さんストックを持参している人が多く驚く。要所要所にロープが敷設されてあり、危険はないが、雨の時はスリップに注意が必要である。

一時間半の登りで、天鳥川から山頂まで、標高差は440mで、それなりに登りごたえがある。汗をかきかき登って行くと、左手に大きなローソク見たいな岩が現われる。噂の大ヤスリ岩で仰ぎ見る。よく見ると、所々にリングボルトが打ち込んである。此処を登るとギャラリーの喝采受ける事間違いない。

鞍部まで来ると、山頂まで10分の標識が現れ、もう一息である。ロープや、梯子が敷設された所を登り、急に視界が開け、山頂の岩場に出る。山頂からの眺めは迫力満点で下を覗くと、お尻の穴がキュートなる。皆さん岩の先端に行き、恐々記念写真に納まる。真下に、大ヤスリ岩や鋸岩が小さく見える。金峰山の五丈石もハッキリ見える。

山頂でまだ沢山の人は居るが、あまり長居すると帰路暗くなるから、早々に下山して、増富ラジウム温泉「増富の湯:700円」(富士見平小屋にて50円の割引券あり、650円の内から一部登山道整備に使用される)に浸かり帰路につく。







瑞ガキ山















瑞ガキ山




トップに戻る 検索一覧 追加一覧