富士山(宝永山2693m)
2012年07月28日(土)晴れのち曇り
御殿場わくわくランド5:15〜6:40富士宮口五合目7:20〜11:40八合目12:15〜御殿場(プリンスルート)〜13:50宝永山14:10〜15:30富士宮五合目16:25〜17:30わくわくランド解散。



文化放送とオータグループ協賛で富士山クリーンキャンペーンで富士宮口より富士山をめざし、清掃登山を行う。参加者32名で御揃いのTシャツを着て、ゴミ袋を持ち富士登山する。夏の時期だけで30万人の登山者が、各登山口から押し寄せるので、車両規制がある。一般車は水塚Pでシャトルバスに乗り換えて富士山富士宮口に来る。我々は、観光バスなので、五合目まで登って来れる。ラッキーである。

(御殿場道より宝永山)

まだ、7時前だが、登山者が蟻のごとく、山頂を目指している。先頭が私、中間を中村氏、ラストを本間氏に受け持ち出発する。天気は良く雲一つない。眼下は雲海で箱根、駿河湾は雲海の下にあり何も見えない。上を見ると、JALがブルースカイの中、猛スピードで飛んで行く。人が多すぎて、我々のペースで登れないのが、この時期の富士登山である。去年の実績だと7時に出発して八合目に10時過ぎに到着、山頂には13:20過ぎに到着している。(天気は悪く若干人が少なめであった)。今回は7:20出発で天気が良く人が多めで、八合の手前の岩場で30分以上渋滞で待機する。

結局八合目には12時前で山頂には15時近くになるので(最初の約束で13時まで登山して行けなければ、其処で引き返す約束)。このまま引き返すのも勿体ないので、御殿場ルートからプリンスルート、五合目に戻る。八合目の池田館の若いアンちゃんが、我々の一団を邪魔そうに見ている。トイレの脇から赤岩八合館に行けるが、通行止めのロープを張ってある所を乗り越えて行くが、小屋のアンちゃんが此処に居ては邪魔だから早く行けと小うるさい。

(オータグループクリーンメンバー)

何時も思うが、ここの小屋番の態度は気にくわない。何も買わず営業妨害とでも思っているから、あのような態度になるのか?????。ブルの道をしばらく行くと、やはり有りました。大雪渓が、、、、、、。例年より多い。皆さん感激。20分程で赤岩八合館と砂走館の中間道に出る。今まで人混みが嘘の様に静かである。この御殿場コースは登り8時間で登るコースで人は少なく、下山用の道である。

ガスって何も見えない。時々ガスが晴れ下界が見える。我々が休んでいると、ガスの中に上から不気味な黒い物体が下りて来た。よく見ると自衛隊の迷彩服を着た30人程の団体で、確認できるまで、一瞬身を引いた。彼らは、御殿場口に下りて行った。我々は分岐から宝永山に向かう。時たまガスが晴れ宝永山のゴツゴツした岩峰群(十二薬師)が顔を現す。これが富士山かと思う。

(八合目の雪渓)

宝永山にてオータグループの集合写真を撮る。今回は、違うルートを降りて来たので怪我の巧妙で、意外と古いゴミが多く皆さんゴミ袋いっぱいの収穫があり、今回のクリーン登山の趣旨にマッチしている。富士登山はタイムオーバーでダメであったが、静かな本来の登山が出来た。宝永山から下山途中に背後からヘルメットおじさん(富士山800回以上登頂している佐々木さん)が我々を抜かして行った。やはりおじさんも富士宮ルートの人の多さでこのルートに変更したのであろう。もう五合目までは、余裕なので、皆さん記念写真を撮りつつ、富士山を堪能して、バスの待っている所に戻った。

トップに戻る 検索一覧 追加一覧