燕岳(2763m)
2012年07月13日(金)〜15日(日)
14日(曇りのち雨のち曇り)道の駅ほりがねの里5:00〜6:30中房温泉登山口7:00〜10:50合戦小屋11:10〜12:30燕山荘(燕岳往復14:00〜15:00)
15日(ガスのち雨のち曇り)燕山荘7:00〜7:50合戦小屋8:10〜11:00有明温泉13:00〜17:00相模湖駅〜20:20保土ヶ谷駅


金曜日の夜、新宿駅西口に21:00時に集合する。Kさん、Hさん、Tさん、Mさん、Nさん、Iさんをピックアップして、一路道の駅、ほりがねの里に向かう。豊科ICを降り、道の駅に向かうが雨が降り出してきた。我々と同じ考えの人や、キャンピングカーも数台駐車している。自動販売機とトイレの間に男性陣はテントを張る。女性人は車内に寝床を造り、自動販売機前のベンチにて酒盛りをして寝る。自動販売機前の青年達の会話が若干うるさく寝つきが悪い。

(表銀座より燕岳)

早朝、モーニングコーヒーを飲み、早々に中房温泉の登山口に向かう。やはり若干判断が甘かった。登山口付近には車でいっぱいである。登山口に皆さんを降ろし、有明荘裏の駐車場(有明荘利用者用)に向かうがいっぱいである。たまたま、四国からやった来た夫婦が登山準備をしていた。その場所が若干空いていたので、車を幅寄せしてもらい、何とか駐車出来ラッキーであった。皆さんが待っている所まで500mあり10分程かかる。三連休の初日とあって、その登山者の数はハンパではなく多い。富士山には負けるが、、、、、、、。雨が止んでいたが、また降り出す。雨具を着て出発する。

この合戦小屋尾根は北アルプス三大急登である。(あとは、早月尾根、ブナ立尾根)。(日本三大急登:ブナ立尾根、黒戸尾根、西黒尾根)日本人は何でも三大なにがしが好きである。今回で、燕岳は4回目(40年前燕から常念岳、蝶ケ岳。10年程前大天井岳から貧乏沢〜北鎌尾根〜槍ヶ岳。数年前5月の燕岳等)であるが、さすが急登だけあり、第一ベンチ、第二ベンチまでなかなかの登りである。雨が降ってなければ良いのだが、雨具を着ての登りは、いくらゴアでも蒸す。慣れていれば、傘で十分であるが、、、、、、。人がドンドン登って行く。我々もその一団の中にいる。

第三ベンチ、富士見ベンチと黙々と雨の中を歩く。漸く2350mの合戦小屋に着く。ここの名物は1/8のスイカ(800円)で、天気の良い時はそのスイカは飛ぶ様に売れる。最近は沖縄西表島のパイナップル1/4(400円)が名物で売り切れ。下から荷物用ロープウエィだから、結構な儲け間違いない。

此の先の2489mの三角点まで来れば、もう燕山荘まで、今までの厳しい登りは無くなり尾根歩きとなる。眼下に有明山が見える。大天井の尾根も見える。今年は雪が例年より多い。ガスっているが風が出始め雲が動き出した。天気の回復傾向にある。燕山荘手前に雪渓が現れる。階段状の雪渓を登り切り山荘に到着する。

さすが、人気ある燕山荘で人人人でいっぱい。燕岳が見え、皆さん感激。さっそく写真撮りまくり。さすが元ヤマケイさんのKさんの実力で10人部屋の個室を7名で使用出来、コーヒーのサービス付である。その後、K氏より燕山荘のオーナー赤沼氏を紹介される。赤沼氏もNIJAで同じガイド事務所である。

14:00に燕岳に出かける。階段を降りる。雪渓の上に幕場があり、色とりどりのテントがONパレードである。花崗岩の砂礫にコマクサの花(種から花まで7年〜8年かかる)が満開である。頂に行く途中にいろいろな奇岩が現れる。イルカ岩、ライオン岩、ゴリラ岩、メガネ岩等がある。雨がまた降り出してきた。山頂は狭く記念写真を撮るための順番待ちで大変である。途中、以前夜行日帰りで登った岩稜の餓鬼岳が見える。遠くに特徴ある小型槍ヶ岳の烏帽子岳も見える。今回は、槍ヶ岳は雲の中で残念。

早々に下山して山荘に戻る。食堂にて、生ビール、ショートケーキと思い思いの物をオーダーして至福の時間を過ごす。ここは、夕食時山荘オーナー自慢のホルンを聞ける。なかなかの腕前で素晴らしいひと時を過ごす事が出来るが若干演奏時間が短い。今日は、泊り客が多く(600名?)消灯時間近くまで、何度もホルンの音色が部屋まで聞こえた。オーナーも大変である。此処の山荘が人気があるのは、日々の企業努力があるからである。関心関心。

明日の天気を期待して寝るが、生憎の天気で、ガスの中、早々に下山する。三連休の中日で、我々と反対に、ドンドン子供、山ガール、おじさん、おばさんの登山者が登って来る。富士山並みに混雑する。11:00には下山出来、有明荘の露天風呂(燕山荘利用者は500円)で登山の汗を流し帰路に着く。





有明山












燕山荘より燕岳











燕山荘のテント場













コマクサ











有明荘の露天風呂






トップに戻る 検索一覧 追加一覧