身延山(1153m)
2012年05月26日(土)晴れ
富士川SA8:30〜9:50身延山(久遠寺)10:00〜12:25身延山山頂13:30〜14:15南部の湯15:45〜新清水IC〜(第二東名)〜19:30自宅


ATKハイキング部会(平塚組)で、楽チンコースの身延山に行く。行きは歩き、下山はロープウエィで帰るコースである。この時期、(春:しだれ桜で有名)久遠寺はシーズンOFFでお寺の手前の有料駐車場まで行ける。一時間まで300円で30分ごとに100円である。久遠寺に行くのに、駐車場にある無料ケーブルカーで行く。これは、自分で呼び寄せ、自分で上を目指す。五重の塔前にある本堂を御参りして、本堂裏の参道より三光堂を目指す。

(奥の院より身延町)

杉木立の舗装された歩きよい参道を行く。道の両脇に、今が盛りのシャガの草が青々しい。所々にカントウマムシ草も芽を出している。木々の間の眼下に先ほど出発した五重の塔が小さく見える。額から汗が滲むが、吹く風が爽やかで気持ちが良い。丈六堂まで、門構えの立派な五輪塔のお墓が鎮座している。

三光堂まで一時間程で着く。屋根付きの休憩所があり、池に大きな金魚が優雅に泳いでいる。向かいの小屋で柴犬がワンワン吠えながら我々を迎えてくれている。行き届いたトイレ前に、金ぴかのお釈迦様が我々を迎えてくれる。お釈迦様の頭上の先に、身延山奥ノ院が見える。意外と高度差があり、ここから450mの高度差がある。この先よりは、舗装道はおわり、広い歩きよい林道に変わる。ウグイス、山鳥の鳴き声を聞きながら、上を目指す。

980mの法明院まで来ると、休憩所と井戸があり、頂上までもう少しである。上から、元気な若者が5〜6人ほど下山して来た。山頂までもう少しですとの声に励まされ、もうひと踏ん張りガンバル。49丁が、身延山奥ノ院で、素晴らしい展望が待っている。其処からは毛無山の右横に富士山が雲間から見える。ここで、ランチタイムとする。食後、奥ノ院思親閣をお参りして、その裏にある

展望所に行くとツツジが満開で、マムシ注意の看板がやたら多い。富士見山の奥に、北岳、間ノ岳、悪沢岳が見える。下山は8分間の空中散歩(ロープウエィ:680円)を楽しみ、内船駅前の「なんぶの湯:800円」の露天風呂に浸かり、第二東名経由で帰宅する。





参道より五重の塔
















金ぴかのお釈迦様(三光堂)











身延山山頂(奥ノ院)











三光堂より身延山





トップに戻る 追加一覧 検索一覧