竜ヶ岳(1485m)
2012年04月21日(土)曇りのち晴れ

八王子駅8:00〜10:30本栖湖キャンプ場〜11:30東屋11:45〜12:30竜ヶ岳13:10〜14:20本栖湖キャンプ場〜14:50河口湖駅〜紅富士の湯〜18:30南町田駅〜19:00保土ヶ谷駅


グッドビューで竜ヶ岳に行く。八王子駅にてTさん、Hさん、Mさん、Nさん、Iさんをピックアップして富士五湖の本栖湖のキャンプ場を目指す。久しぶりに土曜日の天気予報が雨マークでなくて安心する。しかし、あまりパットしない天気で雄大な富士山を拝むことが出来るのであろうか、、、。キャンプ場には、意外と駐車している車が多く、みなさん竜ヶ岳に向かったのであろうか?。

(竜ヶ岳)

我々も、準備体操後、竜ヶ岳に出発。キャンプ場を進むと、もうオートキャンプを楽しんでいる人がいる。じゃかん寒い気がするが、、、。案内板にて、一月の始めに来ると、素晴らしいダイヤモンド富士が見れる写真付きの案内板に目をやる。まだ春は遠いみたいで芽は出ていなく松林の中を案内板に沿って行く。夜中に来るとなかなか分かりづらいので、木々に赤いペンキでマーキングしてある。林道を過ぎ、登山届箱の所から、これから登り坂が始まる。

1本調子のジグザグの登りで、天気が良いと南に富士山、北に八ヶ岳が見えるが、今日は曇っていて見えない。天気予報だと、曇りのち晴れとの事。期待して登る。最初のベンチにて一本とる。此処から富士が期待できるが、、、、生憎の雲の中、残念。この先の東屋までガンバル。少し晴れてきた。眼下を見ると、今日から始まった本栖湖芝桜会場が見え、駐車している車が小さく目に入る。この天気で人では少なそう、、、、。

此処より45分の登りで竜ヶ岳頂上である。ガスも取れてきて、登山者が目に入る。意外ときつそうなので、ビックリする。この山は、傷害物が無いので、登るにつれ素晴らしい展望が待っている山で、一度登ると病みつきになる山、間違いない。上空を見上げると青空が見え始めたので期待できる。富士山の大室山が見えるがまだ富士山本体の稜線は確認できない。吹く風が気持ち良い。周りは笹林で本栖湖分岐まで来ると頂上まではもうすぐである。眼下に本栖湖が見え期待が高まる。

山頂に到着する。先客がランチタイムを楽しんでいる。我々も木のベンチを占領して、ランチタイムを楽しむ間に、雄大な富士山の出現を待つが、しかし、残念ながら、一段とガスが濃くなってくる。風も出てくる。寒くなり始めたので、次回の晴天を期待して下山する。帰路紅富士の湯にて、山の汗を流し帰路につく。
トップに戻る 検索一覧 追加一覧