東天狗岳(2646m)
2012年02月11日(土)〜12日(日)

2月11日(土)JR八王子8:00〜11:30渋の湯〜13:00分岐〜14:50黒百合ヒュッテ(泊)
2月12日(日)黒百合ヒュッテ7:00〜8:10東天狗岳8:17〜9:15黒百合ヒュッテ10:00〜11:30渋の湯11:50〜12:30縄文の湯14:00〜16:20八王子駅


2月11日(土)晴れ。グッドビューで北八ケ岳の東天狗岳に行く。八王子駅に集合して中央高速経由南諏訪IC下車して渋の湯に向かう。連休にしては、道路は空いている。関越道はスキー場に向かう車で大渋滞である。それに比べて、中央高速は依然に比べてスキーに行く人は少ないみたい。渋の湯まで滑り止めをつけなくても道路が乾いて大丈夫。連休の為、駐車場は満車。渋御殿の玄関先に止める。外気温はー9度。

旅館で駐車手続きをする。愛想の無い女将に2日分の駐車料金2000円也を払う。「キーはフロントに預ける様に」可愛くない言い方で言う、、、、、。「ハイ、ハイ」。

アイゼンを装着していざ出発。道はバリンバリンに凍結している。橋の手前の登山箱に登山届を出し橋を渡る。右:黒百合ヒユッテ。左:高見石。左の高見石方面の沢沿いの道から入る。良く踏まれているのでアイゼンでも歩きよい。しばらくすると、黒百合ヒユッテの分岐が現れる。

此処から、登りが始まる。唐沢鉱泉の分岐まで1時間弱で到着。空は真っ青で気持ち良い。後から中年山の会の団体がやって来て賑やかになる。道もしっかりラッセルされているので、ヒユッテまで、夏時間と変わらない時間で到着する。

ヒュッテは超満員でごった返している。まだ時間が早いので、ヒュッテ前で、スコップを借りてきて、雪質検査、滑落停止訓練を行う。天狗の庭まで上がる。真っ白い東天狗岳、西天狗岳が目の前である。北アルプス、御嶽、乗鞍岳が遠くに輝いている。明日の天気が気になるが、、、。


2月12日(日)曇りのち晴れ。小屋前の温度計:−21度。
夜、空を見ると、素晴らしい星空で、オリオン座、カシオペアがハッキリ見える。あすの天気は良さそうである。しかし、朝起きてみると、曇空で風もある。防寒対策をしっかりして、各自アイゼンと腰にスリングに安全冠付カナビナを着け、ストックからピッケルに変え、アルパインさんより先に出発する。中山峠から先は予想通り風が出てくる。樹林帯はまだましだが、稜線にでた途端風が強くなる。各自フードをたてる。視界が悪くなる。

後ろからついてきた山グループが付いてこなくなる?。風は依然と強い。油断すると飛ばされそうになる。天狗の庭からの分岐に到着する。そこから登ってくる登山者はいない。あと20分ほどと皆さんに檄を飛ばす。天狗岩を回り込み岩場を過ぎると東天狗の頂が直ぐ其処にあった。私のカメラで記念写真を撮ろうとしたが、気温が低く撮影不能。K氏のデジカメはOKみたいである。周りは視界不能。数分間滞在後下山。

後から、アルパインの団体さんが登って来て登山道は大渋滞である。この風の中、中高年の登山者大変。我々は渋滞にも合わず、黒百合ヒュッテに戻り、早々に下山して、縄文の湯の露天風呂(400円)で冷えた身体を温め帰路についた。

トップに戻る 検索一覧 追加一覧