三頭山(1525m)

2011年11月05日(土)曇りのち雨

八王子駅8:50〜10:20都民の森10:45〜11:15鞘口峠11:25〜12:30三頭山13:25〜13:40避難小屋13:48〜14:30三頭ノ大滝〜15:10都民の森〜(数馬の湯)〜18:10八王子駅〜20:20帰宅


グッドビュートレッキングで、都民の森の三頭山に行く。八王子にて、Tさん、Yさんと合流して秋山街道、武蔵五日市駅経由、都民の森の駐車場に行くが、満車状態で少し下にある空き地にて駐車する。駐車場入り口のイロハモミジが最高の状態の真っ赤で素晴らしい。

(都民の森入口)

駐車場より出会いの路を行き、森林館下のトンネルを潜り、歩き良い登山道を行く。鞘口峠には立派な木のデッキが敷設されてある。此処より、ジグザグの登山路を登って行く。尾根の両側には、今が見頃なブナ、カエデ、モミジの紅葉が目に飛び込んでくる。久しぶりに、良い紅葉を目にする。

ブナの尾根路を行くと、眼下に木々の間から奥多摩湖の湖面が見える。天気は曇り空で、あまりパットしないが、趣きある尾根道を堪能する事が出来る。東峰を巻き御堂峠より西峰(1525m)の三頭山の頂上に立つ。時間が丁度お昼どきで、皆さん良い場所でランチタイムを過ごしている。三つ峠山の先に、雲海に浮かぶ富士山がハッキリと見える。

この山頂付近は、もう紅葉時期は過ぎ、カエデはもう冬支度である。此処より、三頭山避難小屋に行く。なかなか立派なログハウスの避難小屋で20人は余裕で収容出来る。水はないので、ブナの路の沢まで汲みに行かなくてはならない。下山途中、ペットボトルに水を入れた、くわえタバコのオヤジが小屋の方に向って行った。先ほど小屋をチェックした時、大きな年季のはいったザックがあった。多分今夜お泊りであろう。

ドンドン下って行くと、吊り橋の先に三頭の大滝が現れる。水量は少な目であるが、それなりに見応えがある。この辺までが、紅葉の見頃である。帰路、数馬の湯(800円)の露天風呂に浸かり、八王子駅で解散して帰路につく。





ブナの尾根道










三頭山








三頭山より富士山











避難小屋












三頭の大滝











トップに戻る 検索一覧 追加一覧