三国山(1320m)、明神山
2011年10月29日(土)晴れ

自宅6:45〜8:10道の駅「須走」8:30〜9:15パノラマ台10:00〜10:45明神山11:00〜11:44三国山12:40〜13:20明神山〜14:20パノラマ台〜15:00中川温泉(丹沢荘)16:00〜19:20自宅

天気が良く、絶好の登山日和で、富士展望のパノラマ台より三国山に行く。道の駅「須走り」に平塚組と集合する。籠坂峠を越え山中湖を廻り込み、駿河小山方面に車を走らせていくと、パノラマ台駐車場に着く。小さな駐車場は満車状態である。みなさん、各地から、この素晴らしい、富士山(ダイヤモンド富士:夕焼け)を撮りにきているので、、、、車が空く訳ない。車の中には生活所帯がぎっしり詰まった車もある。

(明神山手前より)

今回は、あまり歩く時間が少ないので、1/25000の地図を用意して、地図とベースコンパスを使って三国山を確認しながら登る。進行線をまず、明神山にセットして登り始める。歩く良いカヤトの坂道をゆっくりと登って行く。今日は天気も良く、風も無いので、歩き始めて暫らくすると、暑くなり服装の調整する。振り返ると、雄大な山中湖がすぐそこにある。

45分ほどでこん盛りした砂地の先に山中湖諏訪神社の小さな祠が鎮座している。富士山の右脇に北岳を始め南アルプス連山が見える。此処より、進行線を三国山にセットして南方向に150m程下る。途中、トリカブト、リンドウ、キキョウ、赤い実をつけたノイバラの木が特徴的である。箱根の大涌谷のけむりがハッキリ見える。

三国峠はゲートがある。静岡県と神奈川県の境で、10台ほど駐車できるスペースがあり、満車状態である。ここより、120mほど登り返す。ブナ林の紅葉樹で紅葉が見頃であるが、、、、、、、。それなりに美しい。ところ何処に赤布が目につく。地図とベースコンパスで確認し説明すると、皆さん、それなりに納得する。木々が途切れと明るい尾根に出る。そこが三国山の頂上で、木板で囲ったベンチでランチタイムとする。西方向の木々の奥に、富士山が掠れて見える。

ランチタイムが終わりかけた頃、籠坂峠、大桐山方面から、賑やかな声がすると思ったら団体登山者で、急に頂上が賑やかになり、早々に我々は店じまいをして、来た道を戻る。帰路は、駿河小山から中川温泉「丹沢荘:780円PH9.7アルカリ性温泉」に浸かり帰路についた。





明神山手前










明神山









中川温泉(丹沢荘)






トップに戻る 追加一覧 検索一覧