縞枯山(2403m)茶臼山(2384m)

2011年09月10日(土)晴れ

小淵沢「しげる山荘」8:00〜9:45麦草峠10:00〜茶臼山〜12:00展望台12:45〜13:00縞枯山〜五辻〜出会いの辻〜大石峠〜15:30麦草峠16:00〜16:45「しげる山荘」

金曜日の夕刻、Mさん親子と保土ヶ谷駅で待ち合せ、小淵沢にあるSMさんの山荘に行く。さすが週末だけあって、16号のバイパスは仕事車で混雑している。しかし、相模原〜相模川沿いの道は走る車も無く、順調に小淵沢の山荘に着く。電車で来たSさん、Mさんはもう出来上がっていて、我々も駆けつけ三杯、ビールを飲み干し、夜遅くまで、昔の話に花が咲く。

(展望台より茶臼山

翌朝、山荘で、豪華朝食を摂り、私の車(D:5)に7人乗り、一路松原湖経由で麦草峠に向かう。今から40年程前の三月初め友人のI君と天狗から麦草峠に来たが、気温が高く降雪ではなく、大雨になり雪が腐り歩く度、膝上まで雪が潜り難儀した記憶がある。富士山で大遭難した時である。渋の湯に下る途中、友人とシラビソの木の根でビバーグした記憶があるが、遥か昔の事である。

さすが、天気が良いので、麦草峠の無料駐車場は車で一杯である。仕方なく、2127mの麦草峠標識の下の空き地に何とか駐車する。準備体操をして麦草ヒュッテに向う。ヒュッテのトイレは有料なので、少し先の無料駐車場にあるトイレを使用する。以前は古い汚いトイレであったが今は立派なトイレになっている。

SMさんを先頭に、Mさんの娘さん、かみさん、Mさん、SさんMKさん、ラスト私の順で出発。すぐ右手に小さな雰囲気のある茶水池が現れる。高低差の少ないコメツガと熊ササの針葉樹林の中を行く。木々の間から木漏れ日が差し込みなかなか雰囲気が良い。大石峠を過ぎ中小場の2232mに出ると、素晴らしい展望が待っている。八ヶ岳の天狗岳、硫黄岳、中央アルプス、南アルプス等が確認出来る。

振り返ると、茶臼山、岩場の展望台が見える。中小場から茶臼山まで150mの登りである。天気が良いので、針葉樹林帯であるが暑い。見晴らしの悪い茶臼山の標識の先に、2384mの三角点がある。今までの暑さが吹き飛ぶ爽快な展望が開ける。岩場に立つとすぐ其処に蓼科山が見える。来た道に戻り90m程下り、90m程登り返し岩場の展望台に着く。

此処で、ランチタイムとする。山荘で握ってきたオニギリと味噌汁を雄大な景色を見ながら食する。意外と狭い岩場なので場所取りが大変。此処から、縞枯山まで標高差は少ししか無く明るい尾根道を行く。2403mの見晴らしの良くない頂上には「うさぎとかめ」の団体さんが陣取って集合写真を撮っている。オジサン、オバサン元気が良い。帰りは、展望台先から五辻に下る。途中、トリカブトの紫の花が満開で驚く。

北八ツ岳らしく苔むしたコメツガ等の樹林帯で、なかなか趣きがある。五辻まで来るとピラタス蓼科ロープウェイから来る登山者に出くわす。出会いの辻、オトギリ平まで樹林帯であるが、其処から先の大石峠まで熊ササの明るい草原で素晴らしい夏雲が広がっている。大石峠から木道を行く予定であったが、「うさぎとかめ」グループの団体が先にいたので、ついて行くと来た道と違う事に気付く。その内、木道に合流するが、良く地図を確認しないと、、、、反省しつつ麦草峠に戻り、小淵沢の山荘に戻り、温泉に浸かり、美味しいビールと焼肉と十三夜の月を見て至福の時間を過ごす。





SMさんの山荘











麦草峠










2232m中小場










茶臼山の三角点










茶臼山より天狗岳方面






トップに戻る 追加一覧検索一覧