高尾山(675m)藤枝
2011年08月13日(土)
吉田3:50〜4:40いわなの里4:55〜6:05高尾山6:15〜7:05いわなの里7:15〜8:05吉田


前夜に妻の実家、榛原郡の吉田町に行き、早朝、畑仕事前に、藤枝にある高尾山に行く。24時間コンビニで朝食を買い、藤枝、瀬戸川上流のいわなの里(滝ノ谷)にある、高尾山登山口に4時前に着く。何故か其処に古ぼけたモーターボートが1艘置いてある?。辺りはまだ暗く、ヘッドランプを出して林道を行く。途中から小さな沢を渡り、ササ林をドンドン登って、その後暗い杉林の急尾根をひたすら登る。

あまり人が入っていないのか、やたら蜘蛛の巣が多く、ストックを回しながら行くが、顔に蜘蛛の巣がかかり嫌になる。登山道の所々、掘り返されている、、、、、。近くでガサゴソ音がして、黒い物体が2〜3頭尾根を横切って行った。一瞬ドキットとした。何と、猪の子供が走り去って行ったのである。山で猪に会う事は滅多にない。鹿の鳴き声もしている。標高は低いが、獲物は抱負みたいである。ひょっこり林道に出る。未舗装の林道をしばらく行くと立派な舗装された林道に出る。

何故か、簡易トイレと藤枝市長の碑(天高く高尾の峰を風切る)がある。そこから又登山道に入るが、相変わらず蜘蛛の巣だらけである。舗装された林道と平行して杉林の登山道があり、相変わらず猪が登山道を掘り起こしている。少し開けた所が、高尾山の頂上で木のベンチとフクロウの彫り物が一つあるだけで、この時期木々に覆われて、見晴らしは悪い。以前冬に来た時は、葉が落ち見晴らしが良かったが、、、、、。畑仕事があるので、早々に下山して、朝飯に間に合うように吉田に帰る。
トップに戻る 追加一覧 検索一覧