富士山(38回)

2011年08月6日(土)曇り時々雨、雷

御殿場5:00〜6:20富士宮五合目7:00〜13:20富士山13:50〜御殿場口〜赤岩八合館〜富士宮八合(池田館)〜18:00富士宮五合目〜19:00御殿場


文化放送とオータグループ協賛で「富士山ゴミ拾いキャンペーン」の一環としてオータグループの社員と富士登山を行なう。去年、やはりこの時期、富士登山を試みたが、出発が遅く、八合目でタイムアウトになり引き返した。今回は、以前の教訓を生かし、オータ御殿場店に5時に集合して、観光バスに乗り換えて富士宮五合目に向う。6:20過ぎに五合目に到着して、高度順応して7:00に山頂に向けて出発する。

今回、参加メンバー女性5名、男性24名の計29名参加である。去年参加者4名、オータ内定者5名との内訳である。プラスガイドの私と文化放送のT氏、応援のH氏とN氏である。準備体操後、女性を前のほうにし出発。天気はまずまずで雲一つ無く、山頂が確認出来る。

この時期、富士山のハイシーズンで登山客でゴッタ返している。六合目で休憩。これより本格的な登りが始まる。皆さん「We LOVE富士山」のTシャツを着て、ゴミ袋を持って。なかなか、この時期我々のペースで登る事は出来ない。新七合小屋、元祖七合と登るにつれダンダンと遅れるものが出始め、八合目で7名のリタイヤ者が出る。雨も降り始める。下からヘルメットを被った人がスイスイ人を追い越して来た。見るとあの富士山毎日登山の「佐々木茂良さん」である。挨拶する。「今日で何回目ですか?」「今日で861回」と元気良く返事がきた。

皆さんに「この人が有名な佐々木さんです」「今日で861回目の登山です」と皆さんに聞えるように大きな声を張りあげ紹介する。みなさん、「ホー」という感じで佐々木さんを見上げている。みなさん、凄いの一言。「お先に、、、、」の言葉を残しスイスイと追い越して登って行った。

今回、山頂に13:00までに行かなければリタイヤと言う条件でガイドしているので、やたら時間が気になる。しかし、八合目で11時前なので、何とか行ける。雨が激しくなってくる。九合目上部に雪渓が出始める。ガスっているが何とか頂上が見えている。この辺まで来ると徐々に、他の登山者、我がオータグループもペースがおちる。上に行きたくても渋滞で行けず。しかし、焦っても仕方が無い。ゆっくりゆっくり登るしかない。ようやく、13:20に富士宮浅間神社に到着する。

ガスで視界が悪い。富士山剣ケ峰、お釜がガスって何も見えない。浅間神社の鳥居の前で、オータグープ22名ガイド3名の集合写真を撮る。雨も降り出し、ドンドン下から登山者が登って来て混雑している。下山は、御殿場口より下山する。富士宮口と段違い。今までの登山者の数が嘘の様に少ない。岩場でないので調子よく下山出来る。赤岩八合館で一本立てる。小屋のオバサンに今月末、お客を連れて来ると言ったら、コーヒでも出すからと言ったが、、、丁重に遠慮する。何と、此処のトイレ使用料は300円です。「ムム、、、」

此処よりトラバースして本来の富士宮八合の池田館に合流する。此処からまた富士山大渋滞に巻き込まれる。此処の下部の岩場が狭く一番渋滞する所である。やっと通過してホットしたところで、23歳のKさんの体調が急に悪くなる。私の酸素をザックから出し吸わせる。視野が少し明るくなる、足元がおぼつかない。五合目のK氏と相談する。

H氏トップ、ラストN氏をつけ、他のメンバーを先に降ろす。Kさんをショットハーネスと2mスリングで確保しながら、オータの社員と私3名でゆっくり雨の中降ろす。途中文化放送のT氏も上がってきて18時に何とか富士宮五合目に無事下ろす。これで一安心で「ホット」する。今回、新宿に3時に集合して御殿場5時、富士宮7時登山開始。下山富士宮口17時で10時間行程でかなり厳しいかったのではないか。もっと体調を万全に天気の良い時に再チャレンジして欲しいものである。
トップに戻る 検索一覧 追加一覧