飯盛山(1643m)
2011年07月30日(土)曇り一時雨

横浜7:00〜中央高速(相模湖IC〜長坂IC)〜11:15平沢峠11:30〜12:50飯盛山14:00〜15:00平沢峠〜16:30小淵沢延命の湯18:10〜21:10星川駅


元会社の伯母様方とSさん夫婦を誘って、野辺山にある飯盛山に行く。福島(会津)、新潟地方に記録的な大雨のニュースが飛び込んで来ている。野辺山地方は曇り後午後雨の予報であるので、予定どうり行く。野辺山駅を通り過ぎ、平沢峠(太平洋と日本海の分水嶺)に着く、大型バスが何台も駐車している。こんなに大人数が飯盛山に向ったのかと思うとギョットする。空模様は曇っているが、ハッキリと八ヶ岳連峰が見えている。

(飯盛山

登山前の準備体操をして、いざ頂上を目指す。階段を登りしばらく行くと雨が降り出す、全員雨具を着け、樹林帯の中を行く。上から子供も声が「ワイワイ」と聞こえてくる。何と、駐車場にあった大型バスのご一行様である。降りてくるは降りてくるは、、、小学生の軍団である。みなさん、元気良く「コンニチハ」「コンニチハ」の大合唱で我々は、対応に若干疲れる。みんな元気良く雨の中、平沢峠に下山して行った。平沢山の分岐から牛除けゲートを廻り込み明るい尾根に出ると、今まで曇っていた視界がミルミル開け森の中に清里が浮かびあがっている。

後ろを振り向くと八ヶ岳連峰、前方はこれから向う飯盛山のこんもりした頂きが確認出来る。登山道には、ピンク色した可愛いシモツケソウの花が満開である。山頂に到達した途端、雲がミルミル切れ、甲斐駒ケ岳、鳳凰三山、北岳、富士山もはるか彼方の雲の上に顔を出している。八ヶ岳(赤岳)もすぐ其処にいる。下を見ると黒毛和牛が沢山放牧されている。

皆さん、登山が始めてで、素晴らしい景色を見て歓声があがる。美味しいお弁当を持ち寄り至福の時間を過ごす。下山にとりかかり始めた途端、天気が悪くなり始め、雨がポツリポツリ降り始めた。まだ、別の小学生が沢山いて、同時に下山し始めたので、我々は平沢山経由で平沢峠に下山した。帰路、小淵沢IC近くの延命の湯(600円、PH7.1,58.5度、ナトリウム塩化物 炭酸水素塩泉)の露天風呂に浸かり帰路につく。





手前:牛首山
右:赤岳
左:権現岳






甲斐駒ケ岳と鋸岳










浅間山方面









飯盛山














小淵沢:延命の湯









トップに戻る 検索一覧 追加一覧