小富士、グランドキャニオン

2011年05月14日(土)晴れ

天気が良いので、本栖湖の芝桜と精進湖の三方分山に行く。平塚組と富士吉田道の駅で待ち合わせする。7時過ぎだと言うのに、道の駅脇から湧出している富士天然水を容器に入れようと、行列をなして並んでいる。ご苦労な事です。

(小富士より頂上)

富士山ドームの向こう側には、白く輝く富士山がハッキリと確認出来る。時間が早いためか、渋滞にはまらず、難なく本栖湖芝桜会場の駐車場に入って行く。オフロードの林道を進んで行くと、急に開けた広場に出る。500円也の駐車料金を払い指定場所に駐車する。

見上げると、こん盛りとした竜ヶ岳の右下稜線に小さく東屋が見える。何時も竜ヶ岳から見下ろすが、今回は雲一つ無い竜ヶ岳を見上げる。芝桜会場へは5分程林道を歩く、今が盛りのミツバツツジの紫の花が美しい。会場入口に只今5分咲きの表示がある。500円の入料金を払い入る。以前来た時は、8分咲きで、富士山と芝桜の見事さで驚き感動したが、今回、開花が遅く、5分咲きどころか、3分咲き程度で、今月末頃が見ごろみたいである。料金の割引があっても、、、、いいかも?と思う。

早々に、芝桜会場を後にして、精進湖の三方分山に向う。今回、車2台で縦走を計画をしていたが、登山口までの道が悪く、計画を変更して富士山のグランドキャニオンと小富士に行く事にする。山中湖の篭坂峠を越え須走りフジアザミラインを登って行き、馬返し先のグランドキャニオン入口に車を止め、皆さんストックのみ持参で富士山演習場立入り禁止のトラロープを越えて行く。坂道を下り火山礫を越えグランドキャニオン域に入って行く。前方にグランドキャニオンの地層が飛び込んで来る。

歩きづらい火山礫の中を行く。気を付けていないと、何時上から石が落ちてくるか分からない。所々、大きな石が上から落ちて転がっている。注意しながら上を見ながら行き止まりまで行く。以前此処から荒沢を詰めて2時間ばかりガンバッテ登って行くと小富士のピークに到達するが、今回は元に戻り車で須走り五合目(2000m)まで行き、そこから30分程水平移動すると小富士に行けるのでそのコースを取る。崖上に上がり、トラロープ沿いに入口まで戻る。途中、意外と多くカントウマムシクサの独特な花が咲いているのに驚く。

五合目には大型バスが何台も駐車している。こんな時期に、こんなに多くのバスが来るとは不思議である。見上げると富士山頂上まで、ハッキリ見え雲一つ無い青空である。五合目の売店は開店していて、店番が呼び込んでいる。それを無視して登山口手前の東屋で昼食にする。食べていると小富士方面から若い明るい話し声が聞えてくる。若い男女の団体が戻って来た。この連中のバスが五合目に駐車していた事に納得する。食事を終え、登山禁止のゲートを越えコンクート階段を登って行くとコンクリート製の味気ない古御岳神社が現れる。この時期戸は固く閉ざされている。山開きの時期になれば戸は開くのであろう。

来た階段を戻り途中から、あまり踏まれていない道に分け入る。東屋から来る道と合流する。その先に旧登山道からの道と合流する。現代は、五合目まで車で来れるので、道は相当荒れている様子である。小富士へは、若干下り気味に水平移動して行く。所々に木々に名前が書いてあり、お勉強しながらシラビソ、ツガの樹林帯の中を進む。北八ヶ岳の山中にいる錯覚さえ覚える。1.5kmの道程を30分程かけてゆっくりと行くと、急に開ける。

開けたと思うと、30人程の人達が東の方向に座りお釈迦様みたいな格好で目をつむり瞑想にふけっている。何とも異様な光景である。此処は富士山のパワースポットなのであろうか???????。五合目に太陽の会のバスがあった。多分その連中だろう、、、、、。我々の話し声など関係ないと言った感じで集中している。可愛い小富士の標識までくると、障害物が無く風が強く富士山頂付近の雲の動きも速い。下界を見ると山中湖、河口湖がハッキリと見える。少し下ると今までの強風が嘘のように無風でしばし休憩する。見上げると相変わらず富士山頂上付近の雲の流れは速い。今回はあまり汗はかかなかったが、御殿場の富士八景の湯(1200円)の露天風呂に浸かり帰る。





本栖湖芝桜









本栖湖芝桜











本栖湖芝桜










グランドキャニオン










須走口五合目











小富士








富士八景の湯から





トップに戻る 検索一覧 追加一覧