円沢木沢(アイスクライミング)

2011年01月29日(土)晴れ
自宅5:45〜8:10早戸川マス釣り場上部8:20〜9:00円沢木沢(F:2)9:40〜10:20早戸川マス釣り場上部〜12:00自宅














最近冷込みがキツク、各地から大雪の便りが届いている。丹沢(宮ガ瀬ダム)の早戸川支流の円沢木沢も凍結の期待があり、チェックしに行く。早戸川マス釣り場の先に通行止めのウマが現れる。鍵が無く、ウマだけなので、ウマを退かして本間橋奥まで進む。日陰は圧雪された雪があるが、その他は雪も無く快調に進む。行ける所まで車を進め、林道の崩れた手前で駐車する。気温ー5度。風が無く日差しがあるので意外と暖かい。登山準備をして出かける。雪上の足跡は一人だけである。

伝道から先で林道は終わる。サボーダムを見ながら暫らくすると河原に降りる道があり、そこから沢を渡らなければ円沢木沢に行けない。いい場所を探すが、、、、、なかなか見当たらない。岩が凍結していて、雪もあるので油断出来ない。浅瀬を見つけて石を投げ込むが、投げ込む石が凍結していて、なかなか剥がれない。大きめの石を5〜6個投げ込み、ストックで足場を確認しながら渡る。

大きな岩屋の中に木の梯子が敷設されてある。それが本来のルートである。その脇に凍結した小滝があり、先人はその滝を乗越えて行ったみたいで、アイゼンの跡がハッキリ分かる。私も此処で、アイゼンを履き、アイスパイルを取り出してその後に続く。凍結した小滝を乗り越えていくが、、、耳を澄ますと水の音が聞える。慎重に行かないと、、、、とんでもない事になる。以前、甘くみて、凍結した滝壺に足を突っ込み、、、、、寒い思いをした事がある。

ビンビンアイゼンが利きアイスパイルもそれなりの重さがあるので効きが良い。F:2に到着。思った通り、ほぼ完全に凍結している。雪が少なく、登り易そうである。滝上部に大きめの木がある。あそこまで、回りこんで、ザイルをダブル(50m2本)にして、懸垂下降で降りてきて、ユマール(登降機)を使って遊べると思ったが、、、、今回、昔の会社の新年会があるので、残念時間がない。次回にする。アイスパイルを使って滝の下部で遊んで帰る。先人も滝を登って形跡は無く、、、F:2の凍結写真を撮りに来たみたいである。この時期限定の近場の凍結滝である。
トップに戻る 追加一覧 検索一覧