御中道(富士山)

2010年10月16日(土)晴れ

自宅6:00〜6:30横浜駅〜7:30秦野中井IC〜(富士スバルライン)〜9:15奥庭(P)9:45〜滑沢〜12:10御中道13:10〜15:10奥庭〜15:30泉水の湯(パラジウム温泉)16:50〜18:20秦野中井IC〜19:50横浜駅〜20:15自宅

秋晴れの中、富士山御中道を行く。横浜駅で、Sさん、Gさんを乗せ一路秦野中井ICに向かいKさんMさんをピックアップして富士スバルラインの御庭駐車場に向う。紅葉が今が盛りで素晴らしいが、、、若干赤色が色褪せている。今年の猛暑の為か?。御庭に9時過ぎに到着する。ここでも2240mあり、すぐ行動すると高山病にかかる危険性があるので、30分ばかり此処で高度順応する。

(御庭から富士山)

風がない分、爽やかで気持ちが良い。富士スバルライン五合目方面に行く車を見送り、道路を渡りサボーダム用工事用ゲートを廻り込み溶岩道に入る。岩場の道を少し登ると立派な石が敷き詰められた針葉樹林のシラビソの森の中に入って行く。森を抜けると、展望が開け上を見ると富士山頂。下を見ると富士樹海と精進湖や河口湖が見える。

唐松の紅葉が見頃で真黄色で、その下部には小さな赤い実をつけたコケモモの実がある。御庭の山小屋のトイレは朽ち果てて惨めな姿を見せている。今回、大沢崩れの標識が新しく見やすくなっている。幅広の溶岩道を行く。雲一つない爽やかな林道である。此処は、何度来ても飽きない、天上の散歩道である。今回登山をあまりしていない人達ばかりで、、、Mさんは「富士山は何処ですか????」私「富士山は此処です」「富士山の中間道を歩いてます」「上を見てください」「富士山頂上がみえます」Mさん納得。皆さん大笑い。

滑沢の展望所で休憩する。素晴らしい展望、、、、。雲海上に南アルプス連山一望。紅葉と富士山とアルプス大展望で歓喜の声。風が出ると寒く、先を急ぐ。仏石流の大岩は相変わらず、我々の登山道の上部に鎮座していて、何時落ちてきてもおかしくない。クワバラクワバラ、、急いで、すばやくかけ抜ける。クサリのある岩盤の一番沢をトラバースしてアルミ梯子のある沢手前にこの時期、珍しいホタルブクロの特徴ある花が咲いていた。

(大沢崩)

この付近から針葉樹林のシラビソ(葉の裏が白い、白い桧の意)から抜け落葉樹のナナカマド、ウルシ、カエデの木々が多くなり見事な紅葉道になる。皆さん、此処が富士山の中腹にいるとは思わないと感動している。富士山は色々な顔を持っている事を認識してもらう。緩やかな下り坂を滑沢から120m下った所に大沢崩れが現れる。皆さん、驚きいっぱい感動。大沢休憩所で旬の紅葉を見ながらランチタイム。至福のタイム。バイオトイレ付近から「此処より先には入らないでください」との女性の器械音。気分ぶち壊し。何とかならんものかと思いつつ帰路に着く。





仏石流上の大石










御中道の紅葉









御中道の紅葉










御中道の紅葉





トップに戻る  追加一覧  検索一覧