富士山(天神峠〜奥庭〜御庭)精進口登山道

2010年09月04日(土)晴れ

自宅5:00〜東名(御殿場IC)〜東富士有料道路〜天神山スキー場〜6:50天神峠(1355m)7:00〜8:10三合目バス停(1693m)8:15〜〜10:20奥庭展望台10:40〜(御中道)〜11:30スバルライン五合目11:45〜13:10三合目13:15〜13:55天神峠14:10〜16:30自宅

富士山には、富士宮口、御殿場口、須走口、富士吉田登山道、船津登山道、精進口登山道がある。今回、精進口の天神峠一合目から御庭からスバルライン五合目を目指す。天神山スキー場の脇から舗装された林道に入る。10分ほど走った所に、精進口登山道が現れる。ここが、天神峠らしい。車数台置けるスペースがあるのみである。時間が早いせいか誰もいない。

(奥庭展望台)

バイクが進入出来ない様に、立派なゲートがある。そこを通り抜け明るいブナ林の中を行く。暫らく行くと両側が笹に覆われ幅も狭くなり、熊が出てきてもおかしくない道を行く。熊よけ鈴を鳴らしながら行くが、あまり気持ち良いものではない。ゲートが現れると二合目で舗装された林道と交差する。そこに一台車が駐車している。この付近は5〜6台駐車できる。二合目には、昔営業していた小屋が数件あり大分くたびれている。そこにも、車が一台駐車している。

二合目からは、林道の道がシッカリしている。明るいブナ林で、朝日が木々の間から射しこんできて、気持良い風もふいてルンルン気分で行く。少し行った明るい広場に下山時、鹿の親子を発見する。私の姿を見るとブナ林の中に消えていった。まだ早朝なのに、男性が三人上から降りてきた。格好を見ると登山者風でなく、山菜、キノコ狩りの人みたいである。三合目付近に近づくと、車の音がし出す。スバルラインの道路の下を潜り、ガードレール沿いに100mほど進むと、富士急行の三合目バス停の上に出る。

そこで、一本たてて、オニギリをほおばっていると、車がドンドン登って来る。みんな、私の姿を見るなり驚いている様子である。車で五合目まで行けるのに、、、と思っているのであろう。すぐ車道から分かれ樹林帯の中に入って行く。20分程で、三合に着く。三合目と三合いまいちピーンこない。広い砂利の広場で車50〜60台は駐車出来る。右は奥庭方面。左はスバルライン五合目へ。左奥に船津登山口方面がある。

私は右の奥庭を詰める。この付近から、コケが生い茂り、唐松、コメツガ、シラビソの木々が多くなって来て、なかなか趣き感がある。カナディアンロッキーの森にいる錯覚を覚える。木々の間から都留市街も見える。シャクナゲに木も増えて来た。上の方から鈴の音がして来た。中年男性と出会う。挨拶を交すと、仲間と外れたらしく、私に「人と会いませんでしたか?」と言う。仲間で来ている以上外れてはパーティの意味がない。山の鉄則である。その後どうなったか心配であるが、道は分かりよい一本道だから心配ないと思うが。

急に空が明るくなり、樹林帯から抜ける。溶岩の岩場に出る。見上げると、雲一つ無い富士山が剥き出し状態で現れる。今まで、日陰の中で暑さを感じなかっが、まともに太陽があたるとさすが暑い。奥庭小屋まで来ると、大勢のカメラマンが、ある一点に超高級カメラを三脚に立て待ちかまえている。見ると、水溜りに珍しい小鳥がやって来るのを待っている様子である。ご苦労様です。小屋から展望台周遊コースがあり、20分程度で廻れる。

東屋の先にある展望台に行くと、雲海の先に南アルプス全山が見える。茶臼岳の左奥に小さなデッパリがわずかに見える。それが来週行く予定の光岳である。何とも迫力がない。そこでカップラーメンを食べていると、観光客がドンドンやってきたので早々に店じまいして御中道に向う。何と、奥庭の手前から大渋滞である。この調子だと五合目の駐車場に何時に着くことやら。しかし、路線バスと観光バスはスイスイ反対車線を通り五合目に向って行った。車で来るのであれば、もっと早い時間に来なくてはダメダメ。

奥庭(天狗岩があり天狗庭とも言う)から御中道を通り2.4kmの天空の水平散歩で五合目に向かう。途中東屋があり一本立てるのに日陰がないので丁度良い。途中、紅葉している草があると良く見ると、オンダテ(メイゲツソウ)で、何とこの暑さで草が枯れているのである。草も大変である。落石防止用の巨大サボーダムが点在している。右上を見上げると雲一つ無い青空の中に富士山頂と銀色に輝くジェット旅客機が飛んでいる。左下を見ると、木々の間から渋滞にハマっている車が見える。御庭から35分程で五合目駐車場に着く。凄い人と車で溢れている。これから富士登山に向う団体登山者も多い。外人も多い。私はそれを横目で見ながら駐車場の脇から、今までの騒がしさが嘘のように、鳥のさえずりしか聞えない静かな林道を天神峠に向けて下った。





精進口一合目(天神峠)1355m









二合目(小屋閉鎖)











三合目(スバルラインを潜る)










三合目バス停(1693m)









三合広場










四合目付近より都留市街方面











奥庭山小屋









落石防止(サボーダム風?)










スバルライン五合目
(富士登山者でいっぱい)









小御岳神社より富士山






トップに戻る 追加一覧 検索一覧