三ツ峠山(開運山)1785m

2010年07月17日(土)晴れ
横浜駅6:30〜(東名御殿場IC)〜東富士五湖道路〜9:50三ツ峠登山口10:00〜10:40ベンチ10:50〜11:45三ツ峠山12:30〜13:30三ツ峠登山口〜浅間神社〜]富士吉田道の駅〜15:00紅富士の湯16:20〜19:20横浜駅

職場のYさんとその仲間4人と横浜駅で待ち合わせして、三ツ峠に行く。三連休の初日なので、東名高速は渋滞である。御殿場ICを降りても、河口湖方面の、東富士五湖有料道路が無料のため、大渋滞である。三つ峠登山口に10時前に着く。駐車場は満車で、林道脇にデリカ:5が駐車している。その前に一台の駐車スペースがあり、そこに駐車する。

三ツ峠(屏風岩)

ログハウス風の水洗トイレ前で全員集合して、三つ峠山へ向う。歩き良い林道を行く。サボーダム手前まで来た時、後ろからエンジン音がすると思ったら、前後にタイヤチェーンを巻いたジープが上がったきた。見ると四季楽園の小屋の車である。小屋の車じゃあ文句も言えない。40分程登った所にコンクリートのベンチが2個あり、そこで一本たてる。各自のザックから行動食を取り出し分配が始まる。有りがたくいただく。






天気は曇っているが、、、、登る時は丁度良い。頂上で晴れてくれれば問題ない。30分ほど登ると三つ峠山直通と三ツ峠山荘経由の分岐が現れる。我々は、三つ峠山荘方面に行く。10分程で三つ峠山荘の小屋前の展望ベンチに着く。天気が良ければ、ここから、雄大な富士山を拝む事が出来るはずであるが、、、生憎、雲の中で確認出来ない。下を見ると、都留市の三つ峠駅方面が小さく見える。直ぐそこには、日本でロッククライミングで有名な屏風岩(幅200m、高さ100m)がハッキリ見え、クライマーの姿がアリのように見える。

四季楽園の前を通り、歩きづらい急坂を登って行くと、電波搭が現れ、立派な三つ峠山石碑が現れる。時間もお昼なので、みなさん、その周りでお弁当を広げている。我々も、その周りで、富士山が顔を出すのを待ちながら、、、お弁当を広げる。待てど暮らせど、、姿は見えず。店じまいして四季楽園下のトイレの所から近道して下山する。帰りは、紅富士の湯の露天風呂に浸かり帰る。

トップに戻る  追加一覧  検索一覧