雨山(1176m)あめやま。檜岳(1167m)ひのきだっか。
                 伊勢沢の頭(1177m)


2010年07月03日(土)曇りのち雨
自宅6:00〜(東名大井松田)〜7:00寄大橋(480m)7:15〜7:30登山口〜8:20地獄崩分岐8:35〜9:34雨山峠(900m)9:50〜10:30雨山〜10:55檜岳〜11:30伊勢沢の頭11:46〜12:30秦野峠(道迷い)〜13:30林道秦野峠13:40〜14:50寄大橋15:00〜16:30自宅


天気が悪いが、、丹沢の静かな雨山、檜岳に行く。赤い大きな寄大橋に到着する。もう、オートバイと車が駐車している。多分、鍋割山でも行ったのであろう。空を見ると、雲っているが、雨は大丈夫みたいである。寄水源管理棟のゲートを越え、舗装された林道を行く。以前、この付近で、登山ガイド講習をした事を思い出す。この付近は各企業が水源を守るためお金を出し合っていて、あちらこちらに企業名の看板が目立つ。自然林コースもあり家族向きハイキングコースもある。

(檜岳の尾根道)

地獄崩分岐まで、沢沿いと鹿除けの柵に沿って行く。そこから、急なクサリ場を登り、湿った急な木橋を登り、アルミパイプ階段を登り、尾根道を巻いて行く。道幅が狭く、枯れ葉が積もり滑りやすいので要注意である。途中から、沢道に入る。カエルとセミの声がうるさい。大雨の時は危険な為通行禁止の立て看板が目に付く。目印は、、、赤いテープから、黄色のテープに変わる。沢の中の道を進み急階段を登り切ると、そこに雨山峠の木のベンチが現れる。

ユーシンロッジ方面は玄倉林道工事中のため休業中で通行止めである。蒸暑い沢沿いの道を歩いてきたので、ミカンの缶詰が素晴らしく美味い。右:鍋割山 左:雨山である。山頂付近はガスがかかっていて見えない。雨山に向けて登るが、直ぐ痩せ尾根が始まる。要所要所に神奈川県森林境界の杭が打ち込んである。

(檜岳の尾根道)

登り切ると、丹沢らしいブナ林が現れる。鹿除けの柵と平行に登って行くと、見晴らしのきかない尾根道に雨山頂上の標識が現れる。檜岳への道も広い趣のある尾根道で、今が満開の白いエゴノキの花で、登山道が真白である。また、コナツ椿の白い花も沢山落ちている。遠くで鹿の警戒音も聞える。

檜岳頂上の片側は伐採されていて、天気が良ければ、景色が素晴らしいが生憎の天気で何も見えない。頂上付近に木のテーブルが4つほどあるが、どれもこれも朽ち果てている。最近は、この様な山には登山者が来ないのであろう。此処で、弁当を食べようとシートを広げたが、途端に、我々の汗の臭いを嗅ぎつけて、、、、ブヨの大群が押し寄せてきてあえなく退散する。

本来、檜岳までの往復であったが、雨山峠までの沢道がいやらしいので、伊勢沢の頭を越え、秦野峠より寄大橋に戻る。伊勢沢の頭でブヨの攻撃が和らいだので、ここで、お稲荷弁当をガスの中で食べる。聞えるのは鹿の泣き声のみである。此処から、秦野峠までの道は、良くない。痩せ尾根で、急坂で、道は整備されていなく一般向きの道ではない。特に雨の日は、、、要注意である。

秦野峠まで来て一安心である。此処から林道秦野峠まで20分である。昔の道を使えば直ぐに林道に下りる事が出来るが、今は廃道になっていて、通行止めのロープがシッカリ張ってある。此処の標識には、ジダンゴ山と林道秦野峠と書いてある。小休止後林道秦野峠に下る。しばらく下ると沢と尾根道の分岐に出る。ジダンゴ山のみの標識が現れる。沢の方向に鹿除け柵の入り口と赤テープが垂れ下がったいる。地図と方位計区を出して虫眼鏡で確認する。方向的には合っているので、疑いなくその道を下る。

沢に降り、鹿除け柵の出入り口を抜けて行く。しばらく沢沿いの急な斜面を行くが、、、道はあるが余り踏まれていない?。赤い印があるが下ってはいない。これはおかしい????。直ぐ、来た道に戻る。秦野峠まで戻る。もう一度地図と方位計と今度はシッカリしたメガネを取り出し、ジックリ見る。林道秦野峠へは、20分程かかる。直ぐには沢に入らず、一山越してから林道秦野峠に下る事が判明する。

何故に、しばらく行った所の標識にジダンゴ山しか書いてないのか???。この付近は、山仕事の道があちらこちらあり、テープも散乱していて、気をつけないととんでもない事になる。反省、、、地図をもっとシッカリ見るべし。細い急坂の林道秦野峠に下ると大きく熊注意の看板が立派に立っていた。この道は殆ど利用されていない様子である。


林道秦野峠は一般車通行止めであるので、寄大橋から舗装された林道を1時間40分かかる。ここから下っても1時間10分かかる。ポツリポツリ雨が降り出したので雨具を被り、元神奈川県知事長洲氏の林道記念碑を横目で見ながら、、、トボトボと雨の中、寄大橋にむかった。





寄大橋









地獄崩の分岐










地獄崩方面











雨山峠への道









左、雨山峠











雨山峠手前の階段










雨山









檜岳(ひのきだっか)










伊勢沢の頭






トップに戻る 追加一覧 検索一覧