富士山(御中道2409m)大迫力の大沢崩

2009年10月24日(土)曇り一時雪(下界:雨)
自宅6:00〜冨士スバルライン〜8:00冨士吉田口5合目〜8:20奥庭(P)8:30〜9:00御庭〜10:35滑沢10:45〜11:30大沢崩12:30〜14:00奥庭(P)〜18:00自宅


居間のカレンダーを見ると、10月は奥庭からの富士山である。手前には素晴らしい唐松の紅葉と富士山頂付近に新雪が白く輝いている写真ある。急に行きたくなり、妻と行くことにする。天気はいまいちだが雨の心配はない。スバルラインのゲートを潜って暫らくすると、メロディー道路が現れる。何と、その曲は「冨士山」で、車のスピードによって、テンポが変わる珍しい道路である。

(大沢崩れ

一合目から真っ直ぐに延びる道路の先に、新雪の富士山が飛び込んでくる。紅葉は、高度が増すにしたがい、黄色い落葉樹の色が濃くなる。冨士宮口五合目には何十回も行っているが、奥庭の先の富士吉田口五合目に何十年間ぶりに行く。まだ時間が早いためか、、駐車場はガラガラである。暫らくすると、観光バスがどんどん登って来た。降りて来る観光客は、、、、、中国人の団体客の一団である。現代の中国パワーに驚きを感じる。




レストハウスの裏手に富士山大社があり、その脇に二階建ての展望台があり登ってみる。そこからの展望は素晴らしく冨士の裾野の先に少し霞みがかかった、半月形に見える山中湖が浮かび上がり幻想的である。どんどん中国の観光客が上がってきたので早々に退却して奥庭(P)に向かう。もう7〜8台の車が駐車していて御中道に行ったハイカーなのか?。

(滑沢より毛無山の向こうに南アルプス全山が見える)

駐車場から下って行くと奥庭の展望台であるが、我々は道路を渡り、幅広い溶岩道を登って御庭に行く。暫らくすると、溶岩石を二個平行に敷き詰められたシラビソ、モミ、ツガの針葉樹林帯の暗い登山道が現れる。そこを抜けると、急に視界が開けダケカンバや落葉松の紅葉が目に飛び込んでくる。振り返ると、何と素晴らしい大パノラマロケーションが待っている。

本栖湖、毛無山の向こうには、南アルプスの甲斐駒ケ岳から光岳まで全て、八ヶ岳連峰をはじめ周辺の山々が霞みの向こう見え感動を覚える。30分もすると、朽ち果てた山小屋が現れる。大沢崩と富士吉田五合目の分岐である。良く注意していないと、富士吉田五合目に行きそうになる。小屋手前の朽ち果てた便所を右折しなければいけない。目立たないケルンが岩の上に一つある。上を見ると、新雪の富士山頂上がすぐそこにある。振り向くと大パノラマが控え最高の散歩コースである。

標高差は殆ど無く、紅葉した唐松林の中を突き進んで行くと、ハクサンシャクナゲがいたる所にある。これが大沢崩まで続き、初夏の頃は見事な花を咲かす事間違いない。保証する。滑沢(2409m)まで来ると半分である。そこに石で彫った展望絵があり、視界が開け最高の休憩所であるが絶えず、上を注意していないと、何時落石が落ちて来るか心配である。仏石流し(ぶっせきながし2404m)を過ぎ、一番沢(2409m)を過ぎると、大沢休憩所が現れる。バイオトイレが設置されてあり女性には有り難い。

ここで、大沢崩れの崩壊調査中で、色々調査の能書きが書いた看板が目に入る。その脇に古ぼけた神社があり、大沢崩には、富士山を3回以上登頂した者でなければこの地に来てはいけないと能書きが書いてある?。何故に???????。やはり、昔、富士山は山岳信仰の聖地のためか。大沢休憩所から少し下った所でロープが張ってあり行止まりである。昭和52年に落石遭難事故がありそれ以来通行止めになった。

そこの、踊り場でランチタイムとする。ラーメンを作っている間中、大沢崩れの上部からひっきりなしに落石の音が聞こえあまり良い感じではない。しかし、その大沢崩れの大岩壁は、山頂付近にガスがかかり、日本の山ではなくヨーロッパアルプスの岩壁の様な迫力である。
紅葉が今が盛りで、人も少なく至福の時間を過ぎして帰路につく。

(御中道と大沢崩れ)
「御中道」とは、富士山中腹の標高2300m〜2800mを通って一周する25kmの小径。富士講の信者が巡拝し、富士山に3回以上登頂経験者のみ許された最上級の修練の道だと伝えられている。御中道の中でも大沢の越場は最大級の難所とされ、当初は2800m付近の「一の越」を渡っていた。大崩の崩壊が拡大して明治初期には「二の越」に変更され、その後も崩壊が進み昭和初期には「三の越」が設けられる。昭和52年に転落事故が発生して閉鎖になり現在に至る。




富士吉田口五合目









富士吉田口五合目










富士吉田口五合目















富士吉田口五合目(展望台)より山中湖方面













御庭









御庭









大沢崩れと富士吉田口五合目分岐









大沢崩れと富士吉田口五合目分岐









滑沢より都留方面









滑沢









滑沢より山中湖、道志方面














仏石流れ















一番沢









大沢崩れ









大沢休憩所






トップに戻る  追加一覧  検索一覧