有明山(2268m)信濃富士

2009年09月18日(金)
自宅15:00〜19:00中央高速諏訪SA(車中にて仮眠)

09月19日(土)(曇り時々晴れ)
諏訪SA4:00〜5:30中房温泉第二駐車場5:45〜有明山登山口6:00〜6:50(1735m地点)7:00〜8:45有明山北峰(2268m)9:15〜9:35有明山南峰(2248m)9:45〜10:10有明山北峰〜11:12(1850m)11:20〜(三段の滝、たる沢の滝)〜12:30中房温泉第二駐車場(中房温泉「湯原の湯」)13:30〜上条ソバ店15:30〜19:10自宅


9/18(金)
中央高速諏訪SAに19時過ぎ着くが、SAの端にはキャンピングカーが4台駐車してカーテンが閉ざされて中が見えないが、5連休だから、遠出するのであろう。私もSAで夕食を済まし、SAの隅でシートをフラットにして「金麦」をひっかけ寝袋に潜り込む。

有明尾根より
常念岳、大天井岳方面

9/19(土)
4:00前トイレに行くが、、、、、、何と諏訪SAは超満車で路肩に車が溢れ出ている。誰しも考えは同じ。金曜の夜に出発して近場のSAで土曜日になるのを待ってICを出ると、何処まで行っても高速道路が1000円を狙っているのだ。私もその内の一人である。洗面を済まし豊科ICに向かう。ETCのゲートの料金が「1000円」を示し、ナビのお姉さんの声が「料金は1000円です。」の声が気持ちいい。

しかし、中房温泉の駐車場に到着するが、、、、、、ほぼ満車で、駐車場を探すのに苦労する。さすが、燕岳は北アルプスの入門コースで日本百名山に入っているので、超人気のある山である。第二駐車場から有明山のルートがあるはずで有るが、たる沢の滝入口の標識しかない、後でわかっが、、、ここからでも有明山に行けるが何の標識も無い。仕方なく有明荘まで戻りその裏からの登山口から登る。

(穂高町からの有明山

数年前の五月、燕岳からの下り1700m付近で熊と遭遇した。有明山荘の裏でも熊を見た情報があった。今回、あまり人の入山しない山なので、笛とネパールのカウベルをストックに付けて鳴らしながら行く。登山開始から、熊笹の生い茂る狭い登山道である。最近熊笹を刈ったのか、登山道にいっぱい熊笹が散らばっていて滑って登り辛い。暫ら行くと、木の階段が現れる。それから1735m付近までいたる所トラロープのオンパレードで殆ど直登である。天気の悪い時は足場が悪く滑って大変である。

1735m付近まで来ると、針葉樹林の間から燕岳の特徴ある白い岩山が飛び込んでくる。ここで一本立てていると、若い痩せた男性一人登って来たが、涼しい顔をして通り過ぎていった。1850m付近から大きな岩場が現れる。クサリ、ロープが敷設された巻き道を行く。時々木々の間から、ハッキリと表銀座の稜線が確認出来る。しかし、麓から白い雲が湧き出てきている。巻き道を越えると、又急登が始まり、ロープが2100m付近までいたる所敷設されている。ブランドの山は、登山道は良く整備されているが、B級の山は、入山者も少なく道も荒れている。

2268mの有明山神社までの稜線は、まさしく奥秩父の樹林帯を歩いている趣である。頂上には、避雷針代わりの、新しい金属の鳥居が建てられ、その脇に小さな可愛らしい有明奥神社がある。鳥居の前から表参道の急坂登山道が続き、のぼり5時間コースが続いている。休んでいると、神社の裏からひょっこりと、男性が現れた。南峰まで行ってきたとのことである。67歳の茨城の人で、蝶ケ岳に登り有明荘に泊まり早朝、有明山に来たとのことである。お金は無いが、時間がいっぱいあるので、下の道でゆっくりと茨城に帰るとのことである。

空を見上げると曇り出して、途中、常念岳、大天井岳、燕岳が見えていたが、、、全然見えない。晴れていれば安曇野、松本市街が目の前に見えたはずであったが残念無念。ここから、20分程で中峰、南峰を行くが、ガスが濃くなり、なかなか深山の趣きある痩せ尾根である。紅葉もチラホラ現れだす。暫らく晴れ間を待つが、晴れそうもないので、来た道を戻るが、殆ど人に会わず、三段の滝、たる沢の滝を見て戻る。駐車場付近に立派な滝があるにもかかわらず、みなさん見向きもせず燕岳オンリーか?。

燕岳登山口にある湯原の湯(露天風呂、700円)に入るが、12時過ぎなので、露天風呂に誰もいなく貸切状態である。「幸せ」。空を見上げると、この付近だけ晴れていて、燕岳方面は厚い雲で覆われている。爽やかな風と光をうけ、ノンビリと湯に浸かり豊科ICに向かったが、途中、野生猿の軍団に出会う。車が近づいてもビクともしない。少しは恐がれよと思いつつ帰路についた。




中房温泉第二駐車場









有明荘裏手の登山口









すぐ梯子が始まる。















1735m付近の樹林帯














何故か根がない大木















いたる所ロープが敷設されている














巻き道にクサリが何カ所も









燕岳









表銀座の稜線









紅葉が始まる









有明山頂上(北峰)










南峰への稜線



















南峰









中峰神社の下に大きな洞穴?。















たる沢の滝














中房温泉









湯原の湯













湯原の湯(露天風呂)












トップに戻る 追加一覧 検索一覧