富士山(31回)

2009年07年18日(土)雨のちガス

自宅4:30〜5:50水ケ塚6:00〜6:30富士宮五合目7:00〜9:37八合目9:50〜12:00浅間神社〜12:30剣ガ峰12:40〜13:10浅間神社〜御殿場口〜14:08赤岩八合14:15〜14:50富士宮(八合目池田館)〜16:22六合目〜16:37五合目17:00〜17:30水ケ塚〜19:30自宅


職場のYさんと富士山に行く。Yさんは、最近登山を始め、大山、金時山、搭ノ岳を登り、今回富士山への挑戦である。天気は曇りで何とかもちそうなので、富士登山を決行する。東名御殿IC付近から富士山が見えるが、頂上付近には雲がかかっている。シャトルバス(7月17日〜7月20日までマイカー規制)の発着場の水ケ塚に着くが、もう満車状態である。雨もそこそこ降っている。

6;00始発のシャトルバスはいっぱいで、増発便の前に登山者が群がっている。往復1300円のチケットを購入して、我々もバスに乗り込む。富士宮五合目に到着するが、生憎の雨である。駐車場には、最近落石事故で、(大きさ1m、1トン以上もする石が、キャンピングカーに直撃して、車内にいた登山者が死亡した)静岡県が金網の補強工事のためトンバックが何十個も置いてある。

レストハウスの軒下で、水分補給と食事をして完全雨仕様に身をかため頂上を目指す。六合目まで行って、上を見上げると元祖七合目の小屋が見えるが、人、人、人である。雨と風が少し激しくなってきた。雨が顔に当たり痛い。子供、女の子、若者、中年、高年老人、アベック、、、、、等、それぞれの格好で、この雨の中、必死こいで上を目指している。

元祖七合目まで来ると、視界は悪いが、、、、右手奥にぼんやりとガスの中、雪渓が見えてきた。漸く八合目に着く。ここまで、元気が良かったYさんが、この風雨で若干元気が無くなったみたい。水分補給とおにぎりを胃袋に放り込み、暫らく天気の様子を見る。少し、空が明るくなったのと、Yさんも元気になったので、上を目指す。相変わらず、ガスと雨で視界が悪いが九合目の小屋がぼんやり見える。皆さん、だんだんとペースが落ちてきた。九合目から頂上までの登山道は、ガスで視界が悪く赤色、黄色、青色の雨具が、休み休み動いている様は、まさしく八甲田雪中行軍の如くである。

やっと浅間神社に着き、神社の戸を開け賽銭をあげ、下山の無事を祈る。神主が奥の方で手持ちぶささで座っていた。外に出ると風が強く視界0である。殆どの登山者はここの鳥居前で記念写真を撮って下山にかかるが、Yさんに剣ガ峰に行きますか?と聞くと行きますとの返事で剣ガ峰を目指すが、、、、視界が悪く、ブルのわだちを頼りに剣ガ峰を目指す。頂上直下の蟻地獄みたいな登り坂で登山者があとどれ位で頂上か私に聞いてくるが、、、、あと少し、あと少しと言って励ます。

頂上測候所跡の観測員が小屋からサンダルスタイルで出てきて「ご苦労様」と挨拶を受ける。彼はすぐ小屋にひき込みむ?。我々は3776mの頂上碑に行く。本来であれば、日本一の高所からの展望は、非常に素晴らしいが、、、今回は生憎何も見えない。しかし、Yさんは、日本一の富士山に登れて、その達成感で満足みたいである。又、天気の良い時に連れてきたいものである。下山は八月に富士登山のガイドの仕事があるので、御殿場口から下山して赤岩八合館館の女将に挨拶して富士宮五合目に下山する。





水ケ塚駐車場








浅間神社









浅間神社裏のトイレ(200円)
(気温0度、お鉢巡りは残雪のため禁止の表示)








赤岩八合館









赤岩八合館









八合目(池田館への道)









八合目(池田館への道)









赤岩八合館より宝永山









富士宮五合目のバイオトイレ









富士宮五合のバイオトイレ
(チップ100円)







水ケ塚駐車場
(雨も上がり富士が見える)





トップに戻る 追加一覧 検索一覧