富士山(29回)
2009年05月05日(火)曇り、霙、ガス、雪、大雨

自宅4:35〜6:20富士宮五合目(曇り)6:50〜7:05六合目7:10〜7:50七合目(雪)8:00〜9:15八合目(ガス、雪)9:35〜10:10九合目10:15〜10:50九合五尺(ガス、雪)10:55〜11:39浅間神社(ガス、雪)12:20〜14:08冨士山五合目(大雨)14:25〜17:00自宅


天気はいまいちである。一緒に行く予定だったSさんは、冨士山、富士宮口での遭難騒ぎと、天気も思わしくないので、今回パスで私一人で行く。東名高速は、ETC1000円の影響で、出足は良い。冨士山スカイラインは、八時から午後五時までしか、凍結のため夜間通行止めであるが、、、、、。反対車線には、通行止めの馬が無いので、そこから進入して、富士宮五合目に行く。

(富士山火口)

冨士山の写真を撮るため、自衛隊の射撃場に行くと、何と、鹿が三匹のんびりと朝食を食べていた。冨士山スカイラインの道路にも二頭の鹿が出てきて慌てる。四合目付近から残雪が現れだす。五合目に着くと、もう五台の車が駐車していた。車内で朝食を摂っていると、二台の車から、スノーボーダが降りてきて、登山の準備を始めた。窓の外は、曇っているが、雨の心配はなさそうだ。



30分ばかり、高度順応して、私も登山準備して出発する。五合目は、去年より雪は少なめであるが、六合目以上は、大分雪がおおそうである。いつもであると、六合目から下の樹林帯には、残雪がないが、今回は相当残っている。此処から、12本のアイゼンを装着する。足跡が、一つあるだけである。一旦、雪が降ると、完全に足跡は、消されて無くなる。この時期は、何処でも登山道であるで関係ない。

(富士山浅間神社)

雲っていた空が、少し風が出始め、霙が降り始める。七合目、七合五尺の小屋が確認出来る。八合目手前から登山者が一人降りてきた。挨拶を交すと、八合目から上は、風が強く、ガスっているので、一人では自信がないので降りてきたとの事である。確かに、八合目小屋に着いたが、雪とガスで視界が悪い。しかし、暫らく様子を見ていると、風が出始め、雪は止みそうも無いが、視界が良くなってきたので、上を目指す。此処からラッセルが始まる。


此処からの足跡は皆無である。残雪の所は新雪が20〜30cm程積もっていて、表層雪崩の危険があるので、岩場の杭とロープの出ているところを目掛けて登って行く。吹き溜まりは、膝上まで潜り、浅い所の20cm程下は、凍結していて表面の雪が崩れ登りづらい。又すぐ、アイゼンに湿った雪が団子になり、ピッケルで落としながら登るので登りづらい。

(頂上直下)

九合目の小屋で、下の様子を伺うが、いくら経っても、登って来る気配がない。確か、八合目の小屋で下をみていると、6〜7人が登って来るのが見えたが、、、、、、?。この天気、諦めたか、、、、?。時間を見ると、まだ10時過ぎである。山頂付近は、ガスっているが、何とか行けそうである。残雪帯は表層雪崩の危険があるので、なるべく岩稜帯を狙って進む。そこに到達するまで、トラバースするので、要注意である。

漸く、浅間神社に着くが、吹雪で、頬にあたる雪が痛い。神社の裏手に回り、少し、風とガスが取れるのを待つが、、、。火口が時たま、顔を覗かせるが、冨士山最高峰剣ケ峰の姿は確認出来ず。晴れ間をついて、浅間神社の写真を撮り下山する。下山して間もなく、下から、登って来る青年と出会う。話によると、冨士山は今回初めてで、私の足跡を頼りに登って来たとの事。私の足跡が無ければ、諦めて下山したとの事。アイゼンは着けているが、ピッケルを持っていないので、下山が心配である。無事下山を祈るしかない。

六合目まで来ると、雪から霙とかわり、雨が激しくなってきた。ベンチで休んでいると、宝永山方面から、ヘルメットを被った中年の登山者二人が来て、「山頂まで行かれたのですか?。途中に遭難者の遺品はありませんでしたか?」との質問である。二日ほど前、スキーで遭難した慶応大学教授(64歳)の関係者みたいである。この新雪だと、埋もれて雪解けまで、待たないと駄目かも、、、と思い五合目に降りてくると、登山口に真新しい花束が置かれてあった。早く発見を願いつつ、冨士山五合目をあとにした。




御殿場から









自衛隊演習場の鹿








富士宮口五合目(2400m)









六合目













六合目登山口


















七合目








八合目









八合目の診療所










八合より上部








八合より上部














雪が深い(ラッセルに苦しむ)













九合目











頂上間近









富士山火口





トップに戻る 追加一覧 検索一覧