御前山(1405m)奥多摩

2009年04月04日(土)曇り時々晴れ

自宅5:30〜7:50奥多摩駅(トイレ休憩)〜8:30大ダワ峠9:00〜(鞘口山1142m)〜クロノ尾山〜11:00御前山避難小屋11:50〜12:05御前山12:15〜13:53大ダワ峠14:10〜神戸岩(かのといわ)〜五日市駅〜15:25つるつる温泉17:00〜21:00自宅

カタクリで有名な御前山に行く。奥多摩駅の先に弁天橋があり、その手前の鋸林道を突き進んで行く。航空電子の森の先に通行止めの看板が出てきた。空地に駐車して、通行止先の偵察に行く。暫らくすると、下から新潟ナンバー黒のセルシオが登ってきた。工事の立て看板には、竣工は3月28日と書いてあるが、通行止めの看板がある。セルシオの人が行って帰ってきそうもないので我々も行く。

(カタクリの花)

二箇所ばかり、崖崩れがあったが、問題なく大ダワ峠に到着する。先ほどの新潟ナンバーのセルシオの車が停車していた。話によると新潟の三条から、300km走り大岳に登りに来たとのことである。高速代が1000円のおかげで、早朝飛ばして来たとのこと。高年の人が出かけたあと、車の中を覗くと、メモ書きがあり、何処かの社長みたいで、日本200名山の本が転がっていた。


そうこうしているうちに、平塚組が慎重にゆっくりと登ってきたが、天気は曇り空で、風がいやに冷たいので、なかなか車から、降りてこない、、、、、、。寒空の中、登山準備をして、新しいトイレの脇から真新しい階段を登り御前山に向かう。少し登ると、右手に石垣があり、昔小屋でもあったのであろうか。登りきったところから、急な下りが始まり、急な登り返しがあり、そこを登りこすと鞘口山(1142m)に着く。小さなベンチと標識が現れた。ここで、一息つくが樹林帯の中で見晴らしは良くない。

クロノ尾山を過ぎ、御前山避難小屋手前の落葉樹の尾根道の両側にカタクリの葉が見え始めた。その内、良く見ると二つばかり、カタクリの花のつぼみを発見する。時期的に、早いと思っていたが、やはり、早かった。そのため、登山者は少なく、静かな山である。これが、ハイシーズンであれば、登山者で大賑わいであろう。

2時間弱で、御前山避難小屋に着く。小屋の側に心細い水がチョロチョロ、ホースから流れ出ている。小屋は、テラス付きのガラス張で、モダンな避難小屋である。小屋の中に奇麗な板張りで、布団も完備されてあった。我々は、小屋のベンチで昼食にする。

ここより、15分で御前山の頂上である。日陰の針葉樹林のためか、階段の脇に、薄っすらと雪が残っていてビックリする。頂上は意外と広くベンチもあり、展望もよい。雲取山方面の山々がハッキリ見える。登山者もそれなりにいる。小屋で食事をしてきたので、写真を撮って、大ダワ峠に向かう。来る途中、気が付かなかったが、、、意外とカタクリの葉が出ていた。平塚組のNさんが、見事、満開のカタクリの花を一輪発見。これでこの山に来たかいがあった。Nさんは、仲間で土器等の発掘チームに入っているので、探すのが得意なのか、、、?。

鞘口山より下り、登り返す途中に行く時は気がつかなかっが、カタクリの葉が、道端にいたる所に出ていた。Nさん曰く「来る途中に、小汚いまだら模様の葉がいっぱいあるのを知っていたとの事」それがカタクリとは思わなかったとの事。ハイシーズンになれば、この近辺カタクりの花でいっぱいである事間違いない。

大ダワ峠に着く途中、高年の夫婦とすれ違う。時間を見ると、13時40分過ぎである。ザックは大きく、多分この時間だと、避難小屋で一泊するのであろう、、、、ご苦労さまです。元気がいい、、、、とみなで感心する。峠に着いたが、新潟の社長の車は無く、同じ道を帰ったみたいで、一台のオートバイと我々の車のみである。我々も来た道を帰ろうとしたが、、、、警察の通行止めの看板があり、無理せず五日市方面から帰る事にする。

途中、通行止めの内側で、車が二台、店を広げていた。若い女性が、色々な格好で化粧をして変身している最中であった。渓谷の下を見ると、新撰組の「誠」の旗が転がっていた????????。何故に」こんな山中で、、、コスプレの大会でもあるのか・・・・???と思いつつ車を走しらせていると、北秋川渓谷の名所で、なかなか見ごたえのある、神戸岩(かのといわ)「北秋川の支流神戸川に部分的に発達した渓谷で長さ60m、幅4m、高さ100mの東京都指定天然記念物」を見て武蔵五日市駅の先にある、日の出町のつるつる温泉(3時間800円)に入り、帰路につく。




大ダワ峠









御前山の登り口









鞘口山1142m









カタクリのつぼみ











モダンな御前山避難小屋









小屋側の水場?









大岳










御前山(1405m)








雲取山















神戸岩(かのといわ)





















神戸岩(かのといわ)














つるつる温泉









つるつる温泉






トップに戻る 追加一覧 検索一覧