毛無山(けなしやま)1946m
2002年3月2日(土)

横浜5:00〜7:20登山口7:35〜8:10見晴台(不動滝)8:15〜8:55五合目9:00〜10:20毛無山(1946m)
11:05〜12:15見晴台12:25〜12:50登山口


早朝、横浜を5:00過ぎ出発して、東名高速(富士IC)経由して、一路国道139号を、朝霧高原に向かう。富士IC降りた頃、曇っていたが、朝霧高原に近づくにつれ、霧がふかくなってきて、車のライトを点灯しなくては、ならない状態であった。注意深く見ていないと、グリーンパークの入口(毛無山登山口)を見過ごす状態であった。

東京農業大学の富士畜産農場の先に、毛無山登山者無料駐車場があるが、本当の登山口(ゲート)まで、20〜30分、舗装道路を歩かなくてはいけないので、ゲート手前の有料駐車場(500円)に、7:20到着したが、誰もいなかった。霧は晴れたが曇っていて、あまり天気は良くないようである。

ゲートの看板の下に、登山届箱があったが、誰も入れた形跡がないが、私は投函していざ出発である。広い林道をしばらく進むと、杉林の奥の神社を右手に見ながら進むと、砂防ダムに突き当たり、右側に登山道が付いていて、回り込むと又広い砂防ダムの林道を行く。林道から別れて涸れ沢を渡り、本格的な登山道に入っていく。

すぐ、地蔵峠と毛無山の分岐点があり、右側の樹林帯の急坂を登っていった。30分ほど登ったところに、見晴台があり、そこから不動滝(二段100m)が、対岸に見え、水量が多ければなかなか迫力ある滝である。ここが二合目で、ここから本格的な、急登が始まった。結構、岩や木の根が多く歩きづらい。各所に、何合目との看板があり、それを参考に登って行くが、殆ど平坦な所が無く、登りばかりであった。

八合目ぐらいから、ブナの木々が、現れだしたが、ここまで殆ど展望が良くなく、九合目手前のロープの張られた岩場を登り切ると、富士山が見える展望台に出た。雲海の上に、白く輝くひときは、でかい富士が飛び込んできた。ここまで展望が悪かったため、感激がひとしおであった。
(毛無山稜線)
このあたりから、積雪も多くなってきた。雲の切れ間から、太陽も顔をだし、急に暖かくなり、今まで木々にへばりついていた、樹氷が、バラバラ落ち始め、キラキラ光り、なかなか見事であった。稜線に出て、しばらく行くと、南アルプス展望台の岩場があり、雲海の向こうに、見事な、南アルプスの山々が遠望できた。

樹氷の中を、しばらく進むと、毛無山の頂上に着いた。その周りだけ、伐採されていて、富士の展望が素晴らしく、頂上に、私より先に、1人しか登山者いなく、写真を撮り終わったとたん、富士の優美な姿は、ガスの中に消えてしまって、なかなか顔を出してくれなかったので、そうそうに、下山する事にした。下山後、富士高原ホテルの展望露天風呂(800円)にて、素晴らしい富士と、毛無山の展望を満喫した。





ゲート手前の有料駐車場(500円)










不動滝(二段100m)









毛無山(1946m)











毛無山登山者無料駐車場





トップに戻る 追加一覧 検索一覧