栂池自然園スノーハイキング


2009年02月07日(土)快晴

中綱湖民宿7:45〜8:10栂池高原無料駐車場〜栂池ゴンドラリフト〜(20分)〜栂ノ森8:50〜11:50栂池自然園13:10〜14:30栂ノ森〜栂池高原無料駐車場15:30〜16:00中綱湖民宿〜16:30大町温泉(薬師ノ湯)17:30〜中央高速経由〜相模湖IC〜22:30自宅



























             (栂池自然園より乗鞍岳、白馬岳を望む)
前日の午後、横浜を出て、相模湖ICより大町の中綱湖畔にある久保田民宿に向かう。途中諏訪湖SAで休憩するが、、、、、週末とは思えない寂しさである。民宿に入る前に、鹿島槍スキー場でナイターをやっているので、山仲間より頂戴した短いスキー板をチエックする。板が短いだけあって、すぐ曲がるが、雪面がアイスバーンになっているので要注意である。それにしても、ナイターもガラガラである。経営的に大丈夫なのか心配する。23時頃、平塚組が民宿に到着して明日に備える。

民宿のおばさんに美味しいおにぎりを作ってもらい、栂池に向かう。雲一つない素晴らしい天気で、青木湖の湖面に白馬三山が写っている。さすが、有名な栂池高原スキー場に着くと、スノーボーダーでいっぱいである。ゴンドラリフト(イヴ4120m:往復2500円)で20分の空中展望を楽しむ。雨飾山、火打山、妙高山、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬三山が雲一つない青空の中、白銀に輝いている。

栂の森駅でスノーシューの準備をしていると先客がいた。燕山荘のオーナー(ホルンの名手)赤沼氏が10名程のお客を連れて、栂池自然園に向けて、スノーシューをつけて林道から外れ、樹林帯の中に入って行った。我々は林道を下り、栂だいもんの手前より樹林帯に入る。踏跡がしっかりしているので、迷うことはない。樹林帯より林道に出た所で赤沼氏一行が休んでいた。合流するのがいやなので、その下部で一本たてる。彼らが去った後、林道に出て無風快晴で汗をかいだので、さっそく一枚脱ぐ。

彼らは、忠実に林道コースを進んで行った。我々は、せっかくスノーシューを履いているので林道を横切るコースをとる。丁度、林道に出た所で赤沼氏一行と出会う。「こんにちは」と赤沼氏と挨拶を交わす。登山ガイドぽい格好をしていたので、たぶん何処かの知らない登山ガイドと間違われた事だろう。少し時間をおいて出発する。神ノ田圃まで登って来ると、先発の赤沼氏一行が白馬三山をバックに記念撮影中であった。我々も負けずに、記念写真を撮りまくる。

早稲田小屋を左に見て、上を目指す。我々と平行に、シールをつけた山スキーヤーが登って来る。栂池ロープウエイの駅自然園でスキーヤーが一本立てている間に、自然園ビジターセンターまで行き、見晴らしの良い木の側で雪を踏み固めランチタイムとする。シートを出しコンロでラーメンを作っていると、やっと赤沼氏一行が登って来た。我々を横目で見ながら1900mのピークを目指して行った。そこで、ランチと尻セードをして栂の森へ帰るのであろう。

上を見ると、天狗原に登って行くスキーヤーが蟻の様に見える。乗鞍岳は雪屁が張り出していて危険である。昨年スキーヤーが遭難したので栂池自然園に遭難碑が出来たと民宿のおばさんが言っていたことを思い出す。飛行機3機が青空に思い思いの飛行機雲を引いていった。これは、天気が悪くなる兆候なので、店終いして来た道を帰る。しばらくすると、白馬三山に薄い雲がかかってきた。栂の森駅でスノーシューをしまっていると、やっと赤沼氏一行が下山してきた。軽く会釈して我々はゴンドラリフトに乗り込んだ。上から見るゲレンデは平日のように空いていた。人ごとながら心配である。帰り、民宿でもらった割引券(600円が500円)で大町温泉「薬師ノ湯」に入り帰路についた。









青木湖より鹿島槍ヶ岳















栂池高原無料駐車場










神ノ田圃








神ノ田圃








早稲田小屋












自然園ビジターセンター



トップに戻る 追加一覧 検索一覧