鬼ケ岳(1738m)
2008年11月01日(土)快晴

自宅5:30〜8:00根場(西湖)8:10〜9:17(1320m)9:25〜10:25雪頭ケ岳〜10:40鬼ケ岳11:15〜
12:05鍵掛峠〜13:20根場〜13:40(いずみの温泉)15:00〜18:00自宅


天気が良いので、西湖にある十二ケ岳に行く予定が?、、、鬼ケ岳に変更する。根場(ねんば)に立派なトイレと駐車場が出来ている。駐車場から真正面にトンガリ帽子の十二ケ岳が印象的である。道路を渡った所に、鬼ケ岳・十二ケ岳と書いた古ぼけた標識がある。ススキが満開の沢沿いの道を登って行く。15分程行くと、紫色に塗られた趣味の悪い巨大ダボーダムが現れる。サボーダムの脇に登山道があり、沢沿いの道を進む。

(雪頭ケ岳より西湖越しの富士

檜林の急坂を登って行くと、途中からカラマツ林へと変わる。1320m付近まで来るとブナ林へと変わり紅葉も今が盛りである。途中、男性一人と、女性二人を追い抜く。だんだんと高度を上げるにしたがい、岩場が現れる。今まで、見晴らしが悪かったが、、、急に視界が開け、振り返ると西湖越しに雲一つ無い冨士山が飛び込んでくる。素晴らしいの一言である。

ススキ原が現れたと思うとそこが雪頭ケ岳の頂で、バツグンの展望である。ここから一旦下って、梯子を登り越えるとそこが鬼ケ岳の頂上で、大きな岩がゴロゴロしている頂で、甲府盆地の先に南アルプス、八ヶ岳が見え、赤石方面の頂には白いものが確認出来る。すぐそこに十二ケ岳と金山も見える。


こんなに天気が良く、素晴らしい展望地なのに、登山者は我々のみで、ゆっくりと早め昼食を済まして我々は、鍵掛峠より根場に下りる。鍵掛峠まで痩せ尾根で岩場があり、ロープが敷設されてあるので安心であるが、雨の時は要注意である。

(西湖いやしの里)

峠からは、ブナの原生林で、紅葉が素晴らしい。下って行くと、西湖いやしの里が現れる。ここは茅葺の民家郡と冨士山が売りで、、、、一見の価値がある素晴らしいところであるが団体の観光客でいっぱいである。200円の入場料を払わないと入れないが、、、我々は登山の帰り道なので、裏側から覗くことが出来る。
帰路は、いつもの如く、空いている西湖いずみの温泉の露天風呂(900円)に浸かり帰路に着く。







河口湖より(左)鬼ケ岳、(右)十二ケ岳、十一ケ岳













王岳、鬼ヶ岳













趣味の悪いサボーダム

















雪頭ケ岳手前より富士













雪頭ケ岳より河口湖









十二ケ岳















鬼ヶ岳手前の梯子















鬼ヶ岳頂上













鍵掛峠手前の岩場






















鍵掛峠手前の岩場



















鍵掛峠手前の岩場



















ブナ紅葉















西湖いやしの里













いずみの湯(露天風呂)













トップに戻る  追加一覧  検索一覧