飯盛山(1643m)

2008年9月20日(土)曇り

自宅5:15〜8:30野辺山駅〜8:50飯盛山登山口〜10:00飯盛山10:10〜11:00飯盛山〜11:30野辺山駅

登山ガイドの講習会の為、12:00に野辺山駅に集合する。天気がそんなに悪くないので早めに行き、野辺山を登る事にする。8:30には野辺山に到着する。八ヶ岳の頂上付近は雲で隠れているが、、、、雲の流れが速く、天気が良くなるのは間違いない。駅から5分程のキャベツ畑の先にあるレーシングキャンプのゲート前に車を置いて登り始める。登山口には最近作られた、立派な登山標識が設置されてある。

舗装された林道と平行に登って行く。15分程度でシシ岩のある平沢峠に着く。ここは日本の分水嶺(太平洋と日本海)である。立派な駐車場、トイレ、売店があり、ここからが本当の飯盛山の登山口である。

階段を少し登るとシラカバ林の道を稜線へと登って行くと左手下に宇宙・太陽電波観測所の大きなパラボナアンテナが見える。平沢山(1653m)を越えると、その先にこんもりした飯盛山が見える。牛除けの柵を廻り込み整備された広い階段を登って行くと、太い大黒柱みたいな飯盛山(1643m)の頂上が現れる。天気が良ければ、360度の大展望を見ることが出来るはずであるが、、、、南アルプス、八ヶ岳の頭は雲の中である。しばらく、雲の取れるのを待っていたが、取れそうもないので、野辺山へと下山を開始した。





飯盛山登山口
















懐かしい看板














平沢峠からの南アルプス
















シシ岩
















平沢峠











宇宙・太陽観測所










飯盛山(1643m )






トップに戻る 追加一覧 検索一覧