五竜遠見尾根スノートレック

2008年03月08日(土)快晴

中綱久保田民宿7:45〜8:10とうみ駅8:40〜9:00アルプス平駅〜9:10地蔵ケルン駅9:35〜9:50地蔵の頭
10:00〜11:50小遠見手前12:30〜14:15アルプス平駅14:20〜14:30とうみ駅〜15:00中綱久保田民宿


金曜日の午後、横浜を出て、中綱湖畔にある何十年もお世話になっている民宿に投宿するが、最近は、高速道路も、民宿も昔ほど混雑していない。さすが雪国だけあって、雪の量は多いが道路には、全然なく凍結もしていないので、バンバン夜道でも普通のタイヤでも飛ばせる。
サンアルピナ鹿島槍のナイタ−の明かりが見えてきた。民宿はその近くにあり、車を滑らして行くと、、、数人しかスキヤーがいなく、、ナイターの照明だけが寂しく輝いているだけある。これも時代の流れか、、、と思う。最近のスキー場経営もスキー人口が減り大変である。

翌日、天気が良いので早起きして、私だけ、中綱湖畔を民宿の長靴を借り、早朝ウオーキングに出かける。まだ六時過ぎなので雪原はバリバリに固く私が歩いても沈むことなく歩く事が出来たが、、、杉林の日陰の遊歩道に入って行くと、誰の踏み跡も無くウサギ、狐、野良犬?の足跡しか見受けらない。このあたりから雪がズボズボ沈むようになり、膝ぐらいまで沈む。この時期の雪は、表面は硬いが中は軟らかいのである。遠見尾根はどうだろうかと思いつつ、、民宿にかえり、
早々に朝食をとり、お弁当を貰い出発する。

五竜白馬スキー場のとうみ駅まで、道路の両側には除雪された雪が数メートルにわたり積み上げられているが、道路は何にも無く春を思わせる陽気の中スイスイと到着する。まだ8時過ぎなのに続々とスキー客が大勢ゴンドラキャビンの駅に集まってきた。噂に聞いていた外人のスキー客とスノーボーダーの客が多く、我々みたいな、登山客は見当たらない。



ゴンドラキャビンとリフトを乗り継いで地蔵ケルン駅に到着する。今日の天気予報だと、快晴のはずが、、、、、ガスっていて何も見えない。しかし、やっと地蔵の頭のケルンが見えたので、民宿から借りてきたスノーシューを履くが、、、、皆さん、なれていないので履くのに一苦労する。左を巻いて行くのと、右側から行くのと有るみたいであるが、スノーボーダーが右から登っているのを見て、我々も右からアタックする。始めは傾斜も緩くスノーシューで快調に登れたが、、、、傾斜がきつくなってくると皆さんヒイーコラしながら登るが、真っ直ぐ登っているので、滑る回数が多くなり大変。足場を固めながら上を目指す。

漸く、地蔵の頭に到着する。しかし、ガスのため何にも見えない。ケルンの中にある鐘を腹いせに鳴らす。しかしガスは晴れず。道標の側に緑色のドーム型テントが目に入る。テントの脇にピッケルが刺してあり、そこにヘルメットを乗せてある。竹の道標の赤布に鹿児島大学山岳部の文字が見える。何処をアタックするのか、、?。テントの中に人がいる気配が無いが、、、、何処へ行ったのか?。

ここから、先には、ラッセルの跡が無い。ガスっていてあまり見通しが良くない。しかし、遠見尾根は尾根沿いに行けば間違いない。これから、下りのラッセルが始まる。スノーシューを履いているので、膝下位しか程沈まない。さすがスノーシューである。スノーシューが無ければ多分股下ぐらいまで沈むこと間違いない。暫らくすると、ガスが少し晴れてきた。数100M先に、左から回り込んで来たルートのラッセルの跡が見える。そこから、登りが始まる。気分的に安心する。踏み跡はアイゼンなので、道幅が狭く、スノーシューで道幅を広げていく。まだあまり登山者は入山していないらしく、アイゼンの踏跡が深い。

樹林帯中を斜めに、高度を上げていく。リフトの終点から小遠見尾根まで高度差400mあり、それなりの登りである。要所要所に赤布が小枝にぶら下っているので尾根に出るまで道に迷う心配はない。いぜん全体にガスがかかっていて見通しが悪い。11時まで行ける所まで行こうと全員に言い上を目指す。樹林帯を抜けると、狭い雪の尾根に出ると、若干風が出始めガスが動き出した。

一瞬ガスが切れ、五竜岳がチラリと見えたと思ったとたん又ガスの中に消えた。我々の先に大きなザックを背負った二人組がいる。。100m程の先で休んでいる。大分荷が重く動き出そうとしない。仕方なく我々は動き出し、みるみる我々が追い着く。挨拶を交わし我々が先頭に立つ。一応のトレースがついているので迷う事はない。彼らは中遠見尾根まで行ってテントを設営して鹿島槍の夕日、朝日の写真を撮るのであろう、、、、、、。

我々が先頭だって雪稜を登っていると、後ろから5人程のグループが追ってきた。いやに早いなと思ったら山スキーで、シールをつけての登りで、登山道を山スキーで急斜面を潰して行きやがる。その跡を我々が歩くので、歩き辛く頭にくる。別に何処でもル−トなのだから、わざわざ登山道を潰す事はないと思うが、、、、。

彼らが行った後に見る見る空が切れてきた。雪稜の先に、コバルトブルーの天空の先に遠見尾根が見え、その先に大迫力の五竜岳がいた。みんな、大歓声である。今までガスって何も見えなかっただけ、、、、感激もひとしおである。ゲレンデから見える五竜岳も遠見尾根から見える五竜岳も五竜岳には違いないが、、、、苦労して登って来た遠見尾根からの五竜岳方が数倍素晴らしいと思うのは私だけか?、、、、。

その後、空は晴れ、素晴らしい春山のアルプスの稜線歩きが始まる。白馬三山、唐松岳、大黒岳、白岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、火打、雨飾山等々がみえる。小遠見の手前の広い雪原で民宿で作ってもらったおにぎり弁当を広げる。雲も無く、風も無く、大パノラマアルプス展望を独り占めしての昼飯は、この上ない至福の時間である。この時間を利用して、小遠見まで行くと、槍、穂高の山々も遠くに見える。

我々を追い越して行った山スキーヤーのシュプールが天狗岳についていたが、、、、、こう気温が高いと雪崩の心配がある。帰りの車の中のニュースで、八幡平で山スキーヤーが雪崩で二人死亡していた。小遠見から、我々のパテーイが見えるが、その脇には大雪屁が張り出しているのに驚く。長居は無用、、登りより下山の方が危険なので、、、、早々に店じまいして下山に取りかかる。しかし、この時期これほどのグッドの天気は、なかなか運が良くないとめぐり合わない、、、今回本当にラッキーであった。







中綱湖畔

















地蔵の頭
















鹿児島大学山岳部のテント















樹林帯の中を登る


















遠見尾根へ













五竜岳を望む

















五竜岳をバックに
















小遠見尾根の雪屁

















小遠見尾根の雪屁














小遠見尾根手前


















小遠見尾根より
白馬三山
















小遠見尾根















天狗岳方面

















五竜岳と白岳















鹿島槍ヶ岳









トップに戻る 追加一覧 検索一覧