鎌倉アルプス

2007年10月20日(土)晴れ

脊柱官狭窄症の手術後のリハビリを兼ねて、久しぶりに、鎌倉アルプスを歩く。久しぶりの、快晴の土曜日とあって、北鎌倉駅の、ちいさな改札口は、大勢の観光客と、ハイカ−が、どっと下車したので団子状態である。我々は、スイカがあるので、改札脇にある器械にスイカを押し当て、スイスイと、円覚寺方面の改札口から出る。

円覚寺の紅葉はまだ早く、モミジは、まだ青々としている。横須賀線の線路に沿って鎌倉方面に歩く。線路の脇には、セイタカアワダチ草の黄色い花がビッシリと咲いていて、他の草花を寄せ付けない勢いで今が盛りと咲いている。横須賀線の踏み切りを渡らず、左方向の鎌倉八幡宮方面の坂道を500m程行った先に、観光バスが何台も駐車できる大きな建長寺の駐車場が現れる。

鎌倉アルプスに行くには、建長寺と瑞泉寺脇からと行く方法があり、瑞泉寺脇からは、無料であるが、建長寺経由だと、入寺料300円を払わなくてはいけない。修理された、建長寺の仏様(お釈迦様の絶食像は見応え有り)をジックリお参りして、その裏にある、天狗の銅像が、階段の両側に数多く置かれた、半僧坊の急な階段を上り詰めと、半僧坊のお寺に着く。登り詰めた階段の左脇に、木で作られた富士見台がある。いつも、霞んで冨士山は、見えないが、今回、明け方まで、意外と強い雨が降ったお陰で、空気が澄んでいて、パッチリと、初冠雪の冨士山を丹沢の大山の先に確認することが出来た。

お寺の前のベンチで、丁度時間もお昼近いので、大船軒の有名な鯵寿司を、買おうとしたが、高くて手がでなく、旬のお弁当を買って、ここで、店を開く事にする。ここに、相模湾、伊豆大島展望所の標識があり、目を凝らすと、何と、伊豆半島の延長線上に、立派な伊豆大島がハッキリと見える。いままで、何回と、このコ−スを歩いているが、、、。今回が初めてである。

我々の隣のベンチでは、欧米人の男性が、japanのガイドブックを一人で見ながら、スナック菓子をボリボリ食べながら、さて、次は何処へ行こうかと思案にふけていた。その内、ペットボトルのコ−ラをひと飲みして、今来た道を建長寺方面に下って行った。我々は、これから、鎌倉アルプス約一時間半のコ−スに向けて、腹ごしらえも終わったので、いざ出発である。

お寺の脇の急な階段を登って行く。10分もしない内に、展望台に到着する。木々が伐採されてあり、出っ張りに丸太で組んだような展望台に、小さなベンチが一つ敷設されてある。先ほどの冨士山が、藤沢市街の先に見えるようになったが、幾分霞んで、見えづらくなった。ここからの、相模湾も雄大である。先ほどの、伊豆大島も雲の中に消えてしまった。下を見下ろすと、森の中に、建長寺の伽藍群が浮き上がって見え、何故か別世界の様子を呈している。

ここまで、登ってしまうと、後は、だらだらした尾根を歩くのみである。暫らく行くと、木々の左手遠方に、横浜のランドマ−クビル群がハッキリと見える。その向こうには、川崎、大井方面のビル群も確認することが出来る。家族連れ、単独中年男性、学生風男女のグル−プ等に、こんにちはの挨拶をしながら、ゴルフ場のゲストハウス脇のある、岩場の鎌倉アルプスの頂上を目指す。半僧坊より、歩きよい尾根道を40分程で頂上に着く。

頂上の岩場下の広場では、レジャ−シ−トを広げ、シュナイザ−犬と戯れている一組の家族連れのみである。それに、引き換え、ゲストハウスの駐車場は、車がギッシリと押し競饅頭状態である。ゴルフ場の先には、青い東京湾がハッキリと見える。ここのコ−スは、山の斜面を利用したコ−スで、ランドマ−クに向かって打つ感じでなかなか気持ちよいコ−スみたいである。

ゴルフ場脇の林道を暫らく行くと、天園峠(六国峠。相模、伊豆、甲斐な六つの国を見渡すことが出来た)に茶屋が二軒あり、周りは、鬱蒼とした竹林で覆われているが、尾根の岩場に立つと、相模湾が一望に見え、なかなか素晴らしい景観を呈している。天園茶屋で、一服して、瑞泉寺方面には、行かず、永福跡の鎌倉宮方面に今回は下る。今までの、尾根道と違い、狭い沢沿いの道で、昨夜来の雨のため、登山道はぬかるんでいる。

暫らく下ると、なにやら変な臭いがする。沢沿いの道の脇に、銀杏が数多く落ちている。それが、落ちて臭いのである。見上げると、イチョウの大木が、そこらじゅうにあり、杉の大木やブナ、檜の木々があり、深山の赴きがある。まさか、鎌倉の市街地にいる感はしない(県がこの地域一帯買い上げた)。登って来る人も少なく、暗い沢沿いの道を降りていくと、鎌倉時代の切り通しが現れ、住宅街の畑に出る。そこを暫らく進むと、ススキ原の永福寺跡に出る。ここは、瑞泉寺より、鎌倉駅に向かう道との合流点である。

その先には、鎌倉テニスクラブ前に日本画家で有名な、平山郁夫氏の家があり、平山夫婦が、タクシ−で出かけるところで、白髪のメガネをかけた紳士の平山画伯を見送る。我々は徒歩で鎌倉駅へ向かった。








横須賀線沿いの
セイタカアワダチ草













建長寺













本尊地蔵菩薩


















手前の像
(パキスタンより寄贈された
お釈迦様の断食像)













半僧坊手前
の竹林










半僧坊の階段














半僧坊の富士見台














半僧坊からの富士山










半僧坊からの見晴台









展望台からの
建長寺








尾根道からのランドマーク










鎌倉アルプス頂上と
ゴルフ場(太平山159m)









天園茶屋









銀杏の木々









昼なお暗い
切り通し






トップに戻る 追加一覧  検索一覧