金時山(足柄峠より)

2007年01月20日(土)曇りのち雪

自宅7:00〜8:30足柄峠万葉公園9:30〜9:45林道ゲ−ト9:55〜10:15夕日の滝分岐(猪鼻砦)〜10:55金時山1216m11:50〜12:50林道ゲ−ト13:00〜13:45中川温泉(あしがら荘)15:20〜18:30自宅


今日は、天気予報より天気が悪い。夕方より雨の予報である。南足柄市の足柄万葉公園に、待合わせの時間に行く。集合時間は9:30であったが、一時間も早目に到着した。万葉公園の先の足柄峠(足柄城址)より、金時山方面の林道のゲ−トまで、時間が早いので偵察に行く。峠より、県道78号線から別れ、林道に入っていくが、道はシッカリしていて、舗装されている。途中、未舗装であるが、車数十台置ける空き地があるので、そこに駐車しても良い。

しかし、我々は、林道の行止まりまで車を進める。途中からは、オフロ−ドになったが、意外と道はシッカリしていた。ゲ−ト前には、まだ、8:30過ぎだというのに、もう十数台の車が駐車している。空いている場所は数台しかない。ここから、一時間で金時山の頂上に行けるので、早朝、散歩がわりに来ているのか、、、、。

足柄峠に戻り、足柄城址を探索する。階段を登り切ると、広い広場が現れ、昔の城跡の面影がある。ここから、冨士山が見ることが出来るが六合目より上は雲の中に隠れて見えない。しかし、それより下部は雪面が見える。冨士吉田方面の雪の付き具合が悪い。足柄城址の石碑の脇になにやら白いものがある。靴で蹴って見ると、5cmはある霜柱で一杯である。空を見上げると、なにやら白いものが降ってきた。早々に車に戻って、車備え付けの温度計で外気温度を測ってみると、0度である。寒い訳である。

万葉公園で待っていると、約束の9:30に山仲間が集まってきた。ここにて、私の車に全員乗り込み、林道ゲ−ト前まで行く。ミゾレが降り始めたが、山行には影響ない。鉄のゲ−トは紐で止めてあるだけなので、簡単に解除できる。それを横目で見ながら、ゲ−トの脇から林道に入り、金時山に向かう。

雪の積もった、わだちの林道を登って行くと、後ろからランクルが登って来た。多分、小屋の車だと思うが、何の印も無いので、、、、、、一般の車であれば、、、、頭に来る、、。猪鼻砦で一本立てていると、夕日の滝方面から、息を切らして登って来た登山者がいたが、我々と段違いである。我々の楽チンコ−スとは違う。ここから、いったん下り登り返すと、先ほどのランクルが止まっていて、ここから、山頂まで、荷物専用のケ−ブルが敷設されてある。やはり、小屋の車であった。

この先の鳥居の先から梯子がなん箇所も続く急坂が始まる。標高差は300m以上ある。以前、やはりこの時期来た時は、完全な雪山で積雪は20cm程あり、急坂の始まる荷物用のケ−ブルの始発場所に荒縄が置いてあったが、今回は見当たらない。今回は積雪は少ししか無いが、地面が凍りついているので、要注意である。

各自、ストックを使いながら、気をつけながら、ロ−プを掴みながら、梯子を登り頂上を目指す。後ろから、5人程の中高年登山者近づいてきたので、道を譲ろうと、待機していたが、その、待機場所が気に食わなかったのか、ぶつぶつ言いながら追い抜いて行ったが、そんなに、危ない箇所でもないのに、、、、。若干頭にきた。

頂上直下に、以前来た時に、シェパ−ド犬がいたが、今回も、元気に、その犬が出迎えてくれた。頂上には、大勢の登山者がいた。さすが、有名な金時山だけある。金時小屋にも、大勢の登山者が、寒いので中で暖をとっていた。金時娘も健在みたいである。金時小屋専用のテ−ブルを避け、我々は、文句の言われないテ−ブルで、暖かい汁粉を作り、冨士山の全容を見ようとガンバッテいたが、残念。中間部しか姿を現さず、ミゾレも降ってきたので、早々に店じまいをして、中川温泉のあしがら荘の露天風呂(以前700円だったが、今回値上げして900円になったが、静かな本当の温泉。午後2:00までにチェックインしなければいけない)に直行した。




足柄城趾より金時山











足柄城趾












足柄峠より金時山














金時山











中川温泉あしがら荘






トップに戻る 追加一覧  検索一覧