鷹ノ巣尾根(奥多摩)

2006年09月30日(土)晴れ

自宅5:30〜7:50東日原駐車場8:00〜9:35巳ノ戸沢上部10:45〜10:15鞘口(さやくち)ノクビレ10:30〜11:10(鷹ノ巣尾根1460m地点)〜11:25鞘口(さやくち)ノクビレ11:35〜13:30東日原駐車場

天気はまずまずである。奥多摩駅の先の日原街道を進み、日原トンネルを潜り、東日原バス停の手前に地図には、有料駐車場と書いてあったが、管理人は居なく無料であった。20台程度駐車できるが。もう10台程度駐車していた。多分渓流釣りの人の車であろう。敷地内に、トイレがあるが、昔ながらのドボントイレである。

登山の身支度を済ませ、東日原のバス停を過ぎ、中日原の寸志の井戸(万寿の水)を過ぎ、駐在の前に登山届が設けてあり、届けを出しその先に、鷹ノ巣山登山口の看板が出で来る。車道から、すぐ民家の間を下っていく。杉林の暗い細い道を下っていくと巳ノ戸橋が現れる。最近の雨のためか、水量は多めである。紅葉の時期はなかなか素晴らしい渓谷である。

橋を渡り、沢に降りる道と別れ巳ノ戸沢を登って行く。あまり人が入っていないためか、道はあまりよくない。沢右の道を登って行くが、水量と日陰のためか、うっそうとした苔むした沢を詰めていく。途中、道が崩れていて、警視庁の黄色いテ-プで、要所要所に迂回の指示がしてある。斜面の道は歩きづらく、注意しながら登って行くと、左下に木の橋が見えてきたが、トラロ-プで通行止であった、橋向うに、標識があったが、この地点からは、良く分からない。

このまま、沢沿いに進んでいく。だんだん沢の水量が乏しくなり、その内沢が涸れジグザグの急登が始まる。本来、稲村岩から、鷹ノ巣山を目指していたのであるが、なんだか、稲村岩が下に見え、時間も2時間近く登ってきた。稜線の明かりが見え、もう少しで稜線にでることが分かる。地図を見ると、巳ノ戸沢の上部に上ってきたみたいで、今から引き返すのも大変である。このまま稜線まで出ることにする。

1280m付近の鞘口ノクビレの標識の所に出る。登山地図を見ても載っていない。しかし、右 60分丸山、左 鷹ノ巣山、巳ノ戸ノ大崩の標識があったが、大崩方面は、通行止めである。標識のすぐ横に昭和59年3月16日永田仁志さんが巳ノ戸谷で遭難した碑があるが、一部崩壊してある。なぜかスプ−ンが一つ置いてあった。

通行止の脇に笹薮の細い稜線の道が分かるが、あまり人は入っていない。時間を見るとまだ10時30分過ぎなので、鷹ノ巣方面に進んでみる、鹿の踏み跡しか無く、人の踏んだ跡は見当たらない。笹薮の間を潜り抜けながら進むが、歩きづらく、顔にささが当たり痛い。倒木の脇には立派なキノコが一杯なっているが、私には、食べられるキノコか分からない。

稜線を突き進んでいく、時間を見ると11:30過ぎで、標高は1460m付近でこれから急登が始まるのでここで引き返す。下りは早いもので、鞘口ノクビレまで戻ってきて、地図を見ると、鷹ノ巣山の稜線がハッキリ見えるが下山する。途中、通行止めだった木の橋の所まで降りて見ると、木の橋を渡り標識を見ると、稲村岩経由鷹ノ巣山の標識だった。標識脇の大木の下に真新しい花束がケルンの側の添えてあった。まだ枯れていない。最近遭難したのであろうか、、、、、、、。

稲村岩経由鷹ノ巣山は、又次回にして、日原の鍾乳洞と、もえぎの湯に浸かり帰路に着く。





東日原の駐車場















駐車場前のトイレ















鷹巣山登山口
















巳ノ戸橋











稲村岩経由鷹巣山方面に渡る
通行止の橋
















永田氏の遭難碑














鞘口ノクビレより鷹ノ巣山















稜線のキノコ












日原の鍾乳洞
(駐車料金500円、大人600円)











もえぎの湯(3時間750円)







トップに戻る
追加一覧に戻る
検索一覧に戻る