春岳沢(大山)                  

2006年09月02日(土)晴れ

蓑毛7:30〜8:10金目ダム8:30〜9:50春岳沢の水源(枝沢の合流点)10:40〜11:45金目ダム12:10〜12:40蓑毛

天気予報を見ると、行楽日和で、気温も30度を越えるとの予報だったので、丹沢の春岳沢(はるたけさわ)に行く。この沢は、大山の南面を流れ、表参道とイタミツ尾根の分岐に向かって突き上げる沢で、涼しくて、快適な遡行が出来るとのふれ込みの沢である。

早朝の246号を飛ばし、ヤビツ峠の手前、蓑毛へ向かう。蓑毛バス停の先にお寺の駐車場があり、そこに駐車する。参拝専用の駐車場であるから、下山後参拝する事にする。その前には、県重要文化財の大日堂があり、赴きある落ち着いたお寺を参拝する。

春岳沢の橋を渡り、ヤビツ峠の道標に従い、沢沿いの舗装された杉林の中を登って行く。この沢は秦野水道局の蓑毛の水源になっていて、全国名水100選にも選ばれている。30分程度歩くと、春岳沢にかかる木の橋を渡り、しばらく進むと、髭僧の滝とヤビツ峠の分岐が現れ、髭僧の滝(10m)方面を目指す。

春岳沢を右下に見ながら、山の斜面を10分ばかり登って行くと、金目ダム(サ−ボダム)が現れてくる。日当たりの良い堰堤の上で、沢登りの準備をする。今日は、暑くなりそうなので、完全に沢に入って行く体制を整える。ダムの水は青く透きとおっているが魚影は見えない。沢スタイルの完全装備で出発する。すぐ髭僧の滝の標識が現れ、沢に降りてしばらく遡行すると、髭僧の滝が現れる。

10m程の滝であるが、直登は難しそうなので、右端の岩の崩れた所を乗り越えて川原に出る。左からモミジ谷が出会っている。本流の春岳沢は右の沢で、最近降った雨の影響で水量は多めである。

2〜4m程の滝が連続して現れ、気持ち良い遡行を楽しめる。その先に、F1(5m)二条の滝が現れる。それが過ぎると、2〜4mの滝が現れ、間もなく、F2(2段6m)が現れる。滑滝をどんどん進んでいくと、F3(2段10m)が現れが、あまりハッキリしないうち、小さな滝を直登していくと、春岳沢の水源(枝沢の合流点)の明るいゴローに出る。

案内書を読むと、ここから、水量が減り、上部はガレた沢になり厳しいヤブコギが待っているとの事なので、ここで打ち切る。右隅を見ると、なにやら道があり、荷物を置いて、調べに行くと、山仕事の道らしく、立派な道がある。地図を調べて見ても載っていない。このまま行けば、大山の裏参道に行く事は間違いないが、いまいち自信がないので、登ってきた沢を戻る。滝下りは、危険であるが、8mmザイル20mを持ってきているので問題ない。沢を下っていく。時間もお昼近くなので、3パ-ティ程登ってきた。以外と人気のある沢みたいである。私が、沢から降りてきたことについて、少し驚いていたみたいである。

早々に下山して、自宅にてイッタ−ネットで春岳沢を検索してみると、枝沢の合流点から、間違いなく大山裏参道に抜ける道はあるとのことである。ガレ沢やヤブコギの無い、滝を直登出来る、なかなか、夏向きの、楽しい沢である。



大日堂(県重要文化財)











金目ダム

















髭僧の滝10m(ひげそうの滝)















F1(5m)二条の滝
















4mの滝









F2(2段6m)

















枝沢手前の滝






トップに戻る 検索一覧に戻る 追加一覧に戻る