弘法山(秦野)

2006年07月15日(晴れ)猛暑

弘法山公園入口8:30〜浅間山〜9:00弘法山展望台9:20〜弘法山〜善波峠〜吾妻山10:40〜11:00鶴巻温泉(弘法の湯)

朝のニュースだと、今日は、東京地方33度になり、猛烈に暑くなるとの予報であった。小田急電鉄の秦野の駅に8時前に降りたのであるが、もう、朝の熱気が感じられて、弘法山公園入り口に行くまで、相当の汗をかいでしまった。公園前の電気店にて、平塚組と待ち合わせしたが、平塚組も、バス停から、少しあるらしく、暑い暑いと言いつつ集合場所に集まってきた。

この暑い中、この弘法山に登る登山は皆無である。公園入口の標識のあるところからすぐ、小さな川を渡る。その渡った橋の隅に、枯れた花束が置いてあり、この付近で溺れたのであろうか、、、、。しかし、水位はわずかしかなく、膝下程度であるが、一旦大雨が降ればこの限りではないのであろう。冥福を祈る。

川沿いにしばらく進むと、弘法山の登りが始まる。木々が茂り、階段状の道の両脇には、草が被い茂り、ムシムシしているので、ヒルがいないかと心配しつつ、大粒の汗をかぎながら登っていく。浅間山まで15分程度であるが、風は、全然なく、もう浅間山のベンチで、水分補給である。

木々の間から、秦野の市街が見え、富士山の周りには、もくもくと、分厚い積乱雲がまとわりついていて、ほんの少し、富士山の右側の稜線が見えるのみである。あまりにも、急激に気温が上昇したので、山の周りに積乱雲が発生したのであろう。

浅間山から、弘法山展望台に向かう途中、コンクリートで、木の幹に似せたトイレの前に、見事な山ユリの花が咲いていた。こんなに見事な山ユリを見たのは久しぶりであった。この付近、ハチの被害が多いのか、ハチに注意の看板が目立った。クマに注意の看板はよく見るが、ハチに注意はなかなかない。

弘法山展望台には、先客が2〜3人いたが、すぐ降りていなくなった。ここからの展望は素晴らしく、丹沢山塊や、富士山、箱根連山を一望に見ることが出来、お花見の時期は、大勢の花見客でいっぱいになるところである。大山の上空だけに、積乱雲がシッカリと立ち登っている。なんだか不気味な感じである。

弘法山展望台から、弘法山へ行く途中、坂の両側にアジサイの花と見事な山ユリの花が今が盛りと咲いていた。ここは、秦野のアジサイと山ユリの名所なのか、、、、、、、。弘法山のお寺の坂道の途中、立派な水洗トイレがあり、そこの水道水が、非常に冷たく気持ちよく、顔や手を洗い、暑くなった身体を冷やす。弘法山のお寺の木陰では、野良猫が暑いのでのんびり木陰で休んでいた。赤い衣を被ったお地蔵様の先には、暑い秦野の市街が一望に見える。

弘法大師を祀ったお堂の裏には、樹齢何百年の銀杏の木があり、青い銀杏の実を沢山落としていたが、まだ熟れていないので、踏んでも臭くはない。ここから、木の根が露出した下り坂が始まる。それも、しばらくの間だけで、歩きよい、シイの林が続く。下を見ると、コガネムシらしい昆虫が、この暑さのためか、、、沢山登山道に出てきている。踏み潰さないように注意して歩かなければいけない。

2月頃来ると、善波峠に向かう途中にミカンの木々がいっぱい植えてあるので、木から落ちたミカンをほおばりながら、吾妻山に向かう。この時期は、日陰でも、相当暑いが、2月頃の日溜まりの時期は、のんびりした雰囲気で、チョットした足慣らしには丁度良いところである。吾妻山には、ベンチがあり、最後の休憩をとり、20分もしない内に、鶴巻温泉に到着する。暖かい温泉と冷えた生ビールが、我々を待ち受けている。

早めに帰宅して、テレビのスイッチを入れると、丹沢地方に、大雨洪水警報が出ていた、早めに帰宅したのは正解だった。朝方見た、大山の上空に嫌な積乱雲があったのを思いおこして、納得した。

トップに戻る   追加一覧に戻る  検索一覧に戻る