燕岳(2763m)

2006年5月3日〜5月5日

5月3日(水)晴れ

横浜〜豊科スイス村経由〜国民宿舎有明荘

5月4日(木)晴れ


有明荘7:00〜7:15登山口7:30〜7:50アイゼン装着〜8:15第一ベンチ〜8:45第二ベンチ09:00〜9:30第三ベンチ9:45〜10:40

(2300m)〜11:15合戦小屋12:10〜13:30燕山荘14:30〜15:20燕岳15:30〜16:00燕山荘


5月5日(金)晴れ

燕山荘7:20〜8:00合戦小屋8:15〜9:10第三ベンチ9:25〜9:45第二ベンチ10:00〜10:30第一ベンチ10:45〜11:20中房温泉登山

口11:45〜12:00有明荘(温泉)経由自宅へ


5月3日(水)晴れ
早朝の横浜を出発。さすが、大型連休。道路はいっぱい。相模湖インタ−まで三時間もかかった。しかし、中央高速に入ると、それなりに車は流れていた。元八王子までが渋滞しているみたいで、まだ九時前であるが、25km程渋滞している。今日は、昨日の天気と変って、超快晴で雲一つ無い良い天気である。

大月付近まで来ると、例年なく雪が多い富士山が左手に飛び込んでくる。笹子トンネルを出ると、南アルプスの白根三山が、ド−ンと迫り、八ヶ岳連峰、甲斐駒ケ岳、鋸岳、を見ながら走って行くと、諏訪南あたりから、北アルプス連峰の白い頂が見えてきた。

豊科ICを降り、スイス村で休憩する。道路を挟んで、菜の花畑とチュ−リップ畑があり、今が満開であった。そこから、常念岳を始め、後立山連峰の白馬三山まですべて、見ることが出来る素晴らしい景観である。ここから、一時間程度で、国民宿舎有明荘に行けるので、ここでゆっくりする。全国陶器市や、全国刑務所作品即売会もしていて、時間を潰すことが出来た。


5月04日(木)晴れ
















早朝、燕岳の登山口まで、様子を見に行く。無料駐車場の空き状況を見にいくためである。有明荘より、400m先に第一と第二無料駐車場があるが、満車であった。第三無料駐車場は、有明荘の裏手にあり、若干空きがあるみたいである。この時期、ここで車を置いて、燕山荘に泊まって燕岳を往復してくる登山者の車であろう。我々もそうであるが、、、、、。

有明荘に車を置いて、いざ出発。登山口まで一q弱であるが、舗装された坂道の林道なので、着くまでに一汗かいでしまう。登山口には、今年から開設された、下山登山者のみの中房温泉の立派な入浴設備がオープンした。今まで中房温泉は入浴出来ず、有明荘まで下山しなくては、汗臭い身体を洗う事が出来なかったが、、、、。

ここで、出すもの出して出発である。ここより合戦小屋までトイレが無いので、女性陣は大変である。ましてこの雪、お花を摘む所は無い。登り始めてしばらくするとすぐ雪道に変わる。尾根筋に出るための急勾配の雪道になる。全員新しいアイゼンを装着する。みんな、6本以上のアイゼンは初めてであるので、それなりに苦労していたが、昨日有明荘で予行演習をしたおかげで、それなりに装着が完了した。

急斜面をジグザグに登って行き、尾根道に出てしばらく行くと第一ベンチである。ベンチは僅かに顔を出しているだけで地肌は完全に雪に埋まっていた。休憩している登山が多く、横目で見ながら先へ進む。道は樹林帯の急坂であるが、雪があるため、アイゼンを付けているため、夏道より歩き良い。

有明荘付近から出ている、貨物用のロープウェイが見えてきて、それを通りすぎた先に1820mの第二ベンチに到着したが、ベンチなど雪に埋まり分かりはしない。1820mの木の標識をピッケルで掘り起こして確認出来た。木々の間から降り注ぐ太陽の光が強く、日焼け止めのクリームを顔、首に多目に塗りたくる。サングラスも絶対必要である。この付近になると、昨日、燕岳に登った登山者がボチボチ下山仕始めてきた。

雪が深く、一歩一歩の歩幅が大きく、女性陣は大変である。叉、普段持ち慣れないピッケルでの登りなので苦労している。昔使った(30年以上前)木のピッケルや、カジタのピッケルもそれなりに女性陣にとって、それなりに重く感じているみたいである。始めは、体力もあり、元気な内は、ピッケルの重さは感じないが、だんだん疲れてくると、そのピッケルの重みが苦になってくる。やはり、普段使い慣れている可変式のストックがシックリいくみたいなので、それに変えて登行を続ける。

第三ベンチまで来ると、樹林帯の間から、左手前方に大天井岳の白い稜線が目に飛び込んできて、高度感もあり、ここで沢山のパーティが、大休憩をとっていた。まだまだ合戦小屋まで、樹林帯の雪深い急坂を登っていくのであるが、登山は登り優先なので、下山者には気の毒である。我々ノンビリパーティが登って行くのにシビレを切らした登山者は、脇道より下山するが、雪が深く、足の付け根まで潜る始末である。

合戦小屋は、まだ完全に雪の中で、トイレも男、女の入り口のみ掘り起こした状態である。小屋の上で燕荘のアルバイトが、缶ビール、コーヒー、ペットボトルなどを販売していた。小屋の前には、雪に上にイスと机が一体となった木のベンチが5〜6個置いてあり、へりで上げたものか、掘り起こしたものか、、、、、、。我々も、ここで天気も良く、風も無い見晴らしの良い、バツグンの合戦小屋にて昼食にする。

ここより、合戦の頭まで、高度差80m程度であるが、樹林帯より抜けだし、木々の無い急斜面の雪面になる。下山者が、上から尻セードで降りてくる。だんだん、気温が高くなってきて、雪が腐ってくると、歩き辛くなってきた。しかし、雲一つ無いバッグンの天気で、ここを乗り越えると、目の前に、燕岳、槍ヶ岳が見えてくる。夏道は、稜線の脇を登ってくるのであるが、冬は、雪の稜線を真っ直ぐに燕荘まで、ルートが続いている。

右手を見ると燕山荘から燕岳へのルートが見える。発達した雪庇が張り出していて、あまり右に寄ると危険である。その奥後方に目をやると鹿島槍ヶ岳、白馬三山がハッキリと確認出来る。左手を見ると常念岳、大天井、槍ヶ岳、穂高連峰が見えてきた。こころ踊る気持ちを抑えて燕山荘へと、一歩一歩歩む。みんな、自分の足で、ここまで来れて、この素晴らしい、北アルプスの絶景を目のあたりにして、感激していた。

山荘直下の階段を登り切ると山荘であるが、夏道は、正面玄関の右下を回り込んで入り口に到達するが、この時期は、小屋の後側を回り込んで正面玄関に到達するルートになっている。小屋の前を通らず、大天井岳に行けるルートである。小屋前の方位銅板の置いてあるベンチでは、各登山者がこの素晴らしい景色をつまみに生ビールを飲んでいた。

我々の案内された部屋は、燕山荘の一番奥の部屋で、敷布団三枚の定員6名の下段の部屋であった。窓はまだ完全に雪に覆われていた。我々5名なので、多分あと一名は入ってこないだろうと思い、早めに敷布団を敷く。ここに来る途中、優に20名以上は収容出来る大部屋の前を通ってきたが、その部屋から見える景色はバツグンで、全ての北アルプスの山々が見えると言っても過言でない展望部屋であった。





















今日の、登山客は300名程度で、夏のハイシーズンだと、この倍ぐらいは収容するのかもしれない。捜すとまだ屋根裏部屋があり相当収容できそうである。部屋でしばらく休憩して、まだ時間も早いので、燕岳に向かう。ここまでの雪道と違って、何故か、燕岳の登山道は、今までの雪道と違って、白い地肌がでている。夏は花崗岩の細かい白い砂状の中に、コマクサが咲き乱れる道である。この時期は、雪の切れ間にハイマツと露岩が出ていて、燕岳の頂上へと導いてくれる。

気持良い、登山道を30分程度登ると、燕岳の頂上に着く。剣岳、立山連峰、槍ケ岳、穂高連峰、全ての北アルプスの山が目にすることが出来た。何度か、この時期、北アルプスに何度か足を運んだことはあるが、こんなに全く雲も無く、スカイブルーの天気は初めてである。しかし、槍ヶ岳の天上沢に目を移すと、大規模な雪崩の跡があった。先日、日本三大雪渓の一つ。針ノ木沢で、山スキーに行った登山者が、お昼近く、雪崩に遭い三人が亡くなっている。この時期、天気が良く、お昼近くなると、気温が上がり雪がグチャグチャに腐り、まして山スキーで、山の斜面にシュプールをつけると、雪崩を誘発するのは当たり前である。

今年の、異常気象の大雪は、燕荘のオーナ、赤沼氏も言っていたが、30年来の大雪で、小屋がこんなにも埋まったのは、あまり記憶が無く、現在、小屋が雪のため、ある方向に傾いているとのことであった。この小屋のオーナーは、ホルンの名手で、今日は聞けるのかと期待して来たが、あまり登山客が多いのか、明後日にホルンの演奏をするとの事であった。残念。

小屋の前で、何やら、雪壁で、生徒を集めて滑落停止の訓練をしていた。見ると、ヒゲで有名な登山家。何度もマッキンリーに登頂している大蔵氏であった。燕岳の登山教室の講師をしていた。思ったほど大きな人では無く、168cm程で私と同じ位の体格だった。結構この時期、春山の入門コースである燕岳に各地から、団体登山者多く来ているのに驚く。


5月5日(金)晴れ
今日も良い天気との予報だったので、日の出前に、雪の屋根に登り、1人日の出前の強風に耐えながら、日の出を待っていたが、ぼやけた日の出でガッカリした。相変わらず北アルプスはシッカリ見えていたので文句は無い。身支度をして、下山に取りかかる。昨日、あれほど苦労して登ってきたのであるが、下山はアットいう間に合戦小屋に到着。中房温泉まで、快調に下山と思ったが、、、、やはり皆さん中高年である。段差の大きい雪道は、ショックが大きく、足腰にきているみたいである。

第二ベンチより第一ベンチの上部にさしかかった樹林帯の所で、少し離れて歩いていた田中が、「クマだ、、、、、」の声でみんなが振り向くと、30m〜50m程の右上の雪渓の上に体長1m程の黒いツキノワグマがいた。本物のツキノワグマを登山道で見たのは始めてである。みんな、興奮して走り出そうとしたが、クマの方もビックリして右から左方向の樹林帯の中へ走り去って行った。下から登ってきた二人組にその事を話し、注意して行くように言ったが、現実に見ていないので、あまり興奮した様子も無く、登山道を登っていった。

第一ベンチで休んでいると、上から名古屋から来ている、ガイド3名とお客24名の登山ツアーの人たちが降りて来たので、クマの話しをすると、やはり見たとのことであった。まだクマがウロウロしていたみたいである。この事を、有明荘の受付の人に話すと、この前も、この裏山でクマが出たとのことであった。今年は、大雪で、クマもエサが無いのか、この近くまでエサを探しに降りてきている。事故がなければと思う。

中房温泉登山口まで、降りてくると我々の下山を祝して ?????? 諏訪太鼓が披露されていた。それを聞きながら有明荘の宿泊者のみの入浴無料露天風呂(日帰り入浴600円、単純アルカリ温泉)を目指して有明荘に向かった。                         










燕山荘より燕岳





















燕岳より左、立山。右、剣岳























燕山荘より槍、北鎌尾根



トップに戻る
追加一覧に戻る
検索一覧に戻る